このページの本文へ

混雑を避け、ソーシャルディスタンス確保に

店舗の混雑状況をリアルタイムを把握する「VACAN」を提供開始

2020年04月27日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バカンは4月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大を受け、店舗の混雑状況や待ち人数をリアルタイムに提供するサービス「VACAN(バカン)」を発表。加盟店の一般募集を開始した。

 店内の混雑状況は、カメラやセンサー、ウェブの待ち列サービス、手押し式のボタンといった店舗に合わせた方法で検知。過去の傾向を元にした混雑状況推定ではなく、リアルタイムで混雑状況や待ち人数を把握。スーパーマーケットやドラッグストア、コンビニエンスストアなどに向けて展開し、新型コロナウイルスの流行拡大を防止するために有効という。

 今後、ウェブマップ上でのサービス展開も予定するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ