このページの本文へ

働き方改革をテクノロジーで支援する 「VACAN FOR OFFICE」

会議室やトイレの使用状況を配信するオフィス効率化支援サービス

2019年10月03日 15時40分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バカンは9月26日、スマートオフィスのためのサービス「VACAN FOR OFFICE」を開始すると発表した。

 トイレのリアルタイムの空き情報配信、トイレの長時間滞在を抑止するトイレ個室内への混雑状況表示、会議室のリアルタイム使用状況配信、社員食堂の混雑状況の配信サービスを展開可能。また、混雑状況がデータとして蓄積されるため、データに基づいて、より効率的なオフィス環境設計ができるようになるという。

 同社はAI・IoTを利用して、レストラン・カフェ・トイレなどの混雑状況をカメラやセンサーで自動検知し、サイネージやスマホにリアルタイムの混雑状況を表示するサービスを提供してきた。今回のサービスも、同様のテクノロジーを活用したものとなる。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ