このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない- 第215回

あおり運転対策にドラレコを買いました

2020年02月23日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506) 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

前後2カメラ搭載の中堅モデルにしました

 同じように考える人は多いようで、車用品のショップに行ったら棚にドラレコがズラリ。価格は数千円の物から6万円ぐらいまでと、かなり幅広く揃っていました。

 最初にドラレコを買おうかなと思った時、頭にあったのはあおり運転対策ではなく、事故にあったり交通違反に問われたりした際に、映像があれば証拠になるよなということだったんですよね。落ち度がないのに疑われた時に反論できますから。もちろん自分に不利な証拠にもなり得るんですけど、それは自分が悪いので仕方ありません。白黒はっきりした方がいいですし。

 なので当初は前方カメラだけの安いモデルでいいやと思っていたんですが、どうせ買うならあおり運転対策になった方がいいよなと考え直し、それならリアカメラは必須だよねということに。

 そしていざ店頭に行ってみたら種類がたくさんあって、ちょっと高いだけで画質がいいならこっちがいいかなとか、夜も明るく撮れるんだとか、後続車の接近を知らせてくれたりするの!? と舞い上がり、結局そこそこいいモデルを買ってしまいました(ありがち)。

 購入したZDR025の特徴はざっとこんな感じです。

・前後2カメラ
・Full HD(1920×1080ドット) 200万画素
・水平画角140°(フロント)/135°(リア)
・HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載
・暗い所でも明るく撮れるSATRVIS搭載(リアのみ)
・2.7インチ液晶搭載
・安全運転支援機能
・GPS搭載
・駐車監視機能(オプション)

カメラの性能と価格で選びました

 このモデルを選んだ決め手はカメラのスペックと価格です。前後2カメラのモデルで画素数はフロントもリアも200万画素。370万画素というモデルもあったんですが、こちらの方が画角が広く、価格もちょっと安かったんですよね。ナンバープレートの文字が判別できればいいので、200万画素あれば十分と思ってこれにしました。

200万画素のフロントカメラ。HDR/WDR搭載で白とびや黒つぶれがありません

 フロントカメラはHDR/WDR搭載。HDRはハイダイナミックレンジ、WDRはワイドダイナミックレンジの略で、どちらかをオンにすることができます。

 HDRとWDRはどちらも画像補正の機能で、明るい部分が真っ白になる白とびや、暗い部分が真っ暗になる黒つぶれを防いでくれます。WDRの方が鮮明さは下がるけど色味が自然に近いらしいんですが、初期設定ではHDRがオンになっているのでそのまま使っています。

フロントカメラはフロントガラスの上部に貼り付けました

 フロントカメラはフロントガラスまたはダッシュボードに取り付けますが、ダッシュボードだとボンネットが大きく写り込んでしまうので、特に問題がなければ普通はフロントガラスに設置するそうです。

 フロントガラスに何かを貼り付けるには法律の規制があって、上部から20%以内で運転席から見たときに視界をさまたげないようにしなくてはいけないとのこと。また、雨粒や汚れで映像が見にくくならないようにワイパーの可動範囲内にした方がいいそうなので、ルームミラーの左側の裏あたりに貼り付けてもらいました。

ルームミラーの裏側なので、運転席から見るとほぼ見えません

 運転席から見るとルームミラーでほぼ隠れます。これなら運転中に邪魔になることもありません。

水平画角が140°あるので、フロントガラスの左右までキッチリ写っています

 左右がどこまで写るのかがちょっと心配だったんですが、まったくの杞憂でした。Aピラーまでしっかり写っています。

 以下次回!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ