このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第451回

iPhone SE 2も台湾で製造へ:

iPhone 12、新型コロナウイルスで生産遅れの可能性

2020年02月14日 23時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが今年発売するとみられているiPhone 12は、新型コロナウイルスの影響で予定していた生産スケジュールに遅れが出る可能性がある。台湾メディアDigitimesが2月12日に報じた。

 同紙は2020年前半に発売予定とのうわさのiPhone SE 2の生産工場が台湾に移ることとともに、匿名の情報筋からの話としてiPhone 12開発のために中国へエンジニアを派遣することをアップルがやめたと伝えている。

 これにより、iPhone 12の開発スケジュールに遅れが出るのではないかという見方だ。

 なお、アップルのティム・クックCEOは1月28日、従業員の中国への出張を制限していると米メディアCNBCの取材に回答している。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中