このページの本文へ

私をドリフトに連れてって!

バイク女子・美環がドリフト世界大会でTOYO TIRESと日本勢を全力応援!

2019年12月21日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 撮影●栗原祥光 モデル●美環(@puritendon

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ズラリと並ぶド迫力のドリフトマシン!

 会場に到着するや、オープンピットと呼ばれる場所に競技車両がズラリと並ぶ姿を見て「ドリ車かっけーっス! いつかは運転してみたいっス!」と美環さんのテンションはいきなり全開。ちなみに普段の美環さんは心配りのできるお淑やかな方(と書いてと言われた)ですが、テンションが上がると語尾に「っス!」をつける癖が。今回は彼女のテンションを忠実にお伝えするべく、そのままの表現とします。

オープンピットと呼ばれる仮設テントの下でマシンを整備。その様子はいつでも見ることができます

ポン選手の競技車両。86をベースに、エンジンはR35 GT-RのV6エンジンを搭載したスペシャルな1台

 そんなハイテンションな美環さんを見ていたドライバーのポン選手は、優しい笑顔で美環さんを手招き。「ガンバってくださいっス!」とポン選手に声をかける美環さんに、ポン選手は「僕ノ走リ、チャント見テテネ」と日本語で返答。

ポン選手と美環さん。マシンにはASCII.jpのロゴがバッチリ!

 このように気軽に選手と会話したり記念撮影などができるのもドリフト競技の魅力です。さらに昼頃になると選手が集まってのサイン会も開催されます。選手とファンがここまで近いプロスポーツは、ほかにないのではないでしょうか。

参戦選手がズラリ勢ぞろいしてのサイン会の様子

サイン会での藤野選手(左)とポン選手(右)

サイン会でのゴーチャ選手(手前)と川畑選手(その奥)。どちらもFIAインターコンチネンタル・ドリフティングカップの優勝者だ

 会場はオープンピットのみならず、出展ブースも数多く並び、チームグッズを販売するコーナーもあります。TOYO TIRESのブースでは、ラッピングされた車両を展示するなど、もっとも目立った場所です。

TOYO TIRESのトランスポート。競技車両と同じような綺麗なラッピングが施されています

フロントドアにASCII.jpのロゴを発見!

TOYO TIRESといえばSUV用タイヤが有名。会場にはジムニー・シエラのラッピング車両とタイヤが展示されていました

ここにもコッソリとASCII.jpのステッカーが!

川畑選手のマシンのフロントフェンダーにもASCII.jpのロゴが。場所は異なりますが、すべてのマシンにASCII.jpロゴが貼られています

 仮設ステージでドライバーによるトークショーも開催。TOYO TIRESを使用するドライバーが全員揃って、走行直後の感想や意気込みなどを、面白おかしく語ります。これがレース観戦時の参考になりますので、聞き逃すことはできません!

立錐の余地ナシ!といったTOYO TIRESのステージイベント

 さて。モータースポーツ、特にドリフト競技というと、男社会のイメージを抱かれるかと思います。ですが意外と女性の姿も多く、会場ではタイヤを運ぶ女性の姿を発見。

TOYO TIRESのスタッフジャンパーを着た女性が台車にタイヤを乗せて運ぶ姿を発見!

 実はこの方、TOYO TIRESのタイヤエンジニアというリケジョさん。「こんなカワイイ子が、こんな力仕事をしているんスか? え? タイヤを設計しているんスか?」と美環さんは、リケジョに怒涛の質問攻め。「普段はオンロードのタイヤの設計を……、今日はタイヤの様子を見たりして……私なんてヒヨッコですから」と圧倒されながも、なぜかドヤな面持ちで質問に答えるリケジョでありました。

美環さんにタイヤのイロハを教えるリケジョと、それを聞く美環さん

ドリフト競技に使われているのは、プロクセスR888Rドリフト。オンロード用のR888Rとは「何か」が違うらしいのですが、リケジョは「ナイショです!」と教えてくれませんでした……

 さらにお客様はもちろんのこと、運営スタッフ、チーム関係者、さらにカメラマンの中にも女性の姿が数多く見受けられるのもドリフト競技ならではの光景です。美環さんはSuperFormulaで某チームのマスコットキャラクターの「コスプレ」をする仕事をしたり、オートバイのレースを観戦しに行くなど、モータースポーツの会場に足を運ぶことが多いのですが、「他のモータースポーツと比べて働く女性が多くてビックリっス! でもドライバーさんはいないんスねー」という美環さん。実はD1グランプリの下位カテゴリにあたるD1ライツには、女性ドライバーも参戦していらっしゃいます。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ