このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第61回

クアルコム「Snapdragon 865」スペックからうらなう:

2020年スマホ予想 最速7.5Gbps、カメラは2億画素へ

2019年12月06日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●5G対応で下り最大7.5Gbps

 まず、注目はなんといっても5G対応だ。

 Snapdragon 865では、別に第2世代のSnapdragon X55 Modem-RF Sysytemを搭載することで下り最大通信速度7.5Gbpsを実現する。4G LTEでは1Gbps超がやっとであったが、スマホで7.5Gbpsとは驚きだ。ただ、キャリアによって所有する周波数の幅は異なるので、必ずしも7.5Gbpsになるものではない。

 ちなみにWi-FiはWi-Fi 6に対応する。

 カメラに関しては、200メガピクセルの撮影が可能だ。

 ここ最近のスマホでは、シャオミのMi Note10が108メガピクセルというスペックであったが、その2倍近い解像度での撮影が可能になるというわけだ。

 ただ、この数年、スマホのカメラは解像度の高さよりも複数のカメラを搭載するというのがトレンドとなっている。

 Snapdragon 865では4つのカメラが搭載されようとへちゃらなスペックで、ズームをする際、超広角、広角、望遠のカメラを行き来しても、従来に比べて圧倒的になめらかにズームができるようになるという。

 動画では、8K撮影が可能となる。また、4K映像を撮影しながら、同時に64メガの静止画を撮影できる。さらにスマホで初めてDolby Visionの撮影も可能だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン