このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第637回

ニコン「Z 50」に望遠レンズを付けて遠目から猫を狙う!

2019年11月20日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニコン「Z 50」と望遠の組み合わせで猫撮影

軽量低価格な望遠ズームだけど写りはキリッとしててよい。塀の上で上手にくつろいでるチャトラ。後ろにちょろっと見えてる黒い耳にも注目。2019年11月 ニコン Z 50

 前回に引き続き 、Nikon Z 50の話。Z 50は薄くて軽い広角ズームと、軽くて伸びる望遠ズームのダブルズームキットが基本。というわけで望遠ズームを付けてブラブラしたのである。望遠ズームレンズも沈胴式で50-250mmながらコンパクトに収まってる。使うときはぐにんと伸ばすのである。

Nikon Z 50に望遠ズーム。反射して見づらいが、画面に映ってるのは冒頭写真の猫。モニターがチルト式+タッチパネルなのもナニゲに使いやすい

 で、撮ったのが冒頭の塀の上の猫。狭い塀の上できゅっと目を閉じてるのがなんともよいのであるが、よく見ると後ろに黒い耳が。実は、後ろにもう1匹いたのである。

後ろに隠れてた別の猫。右端にチャトラの顔がぼやけて写ってる。ちょっと遠くにいるので余裕の顔。2019年11月 ニコン Z 50

 精悍なサビっぽいミケ。実はわたしが望遠レンズを構えたら、チャトラ猫はちょっとびっくりして後ろに下がろうとしたんだけど、このミケはピクリとも動かず、ちょっと困ったって顔をしたのである。

 そこで跳び越えたり塀から下りたりしないで、そのまましょうがないなって感じでまた座り直すのがとても猫っぽい。

結局2匹が縦に並んでおさまったのだった。2019年11月 ニコン Z 50

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン