このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第174回

アンビエントコンピューティングの始まり:

アマゾンAlexaがあらゆる場所で待ち受ける未来

2019年11月08日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■「アンビエントコンピューティング」に注目

 背景にあるのは、どこにいてもAlexaが使える「Alexa Everywhere」というアマゾンの構想です。家の中はもちろん、外出先や車の中などあらゆる場所で、Alexaが待ち受けている状態にしようというものです。

アマゾンが掲げている「Alexa Everywhere」

 米国ではハンズフリーのEchoデバイスとして、Alexa搭載のワイヤレスイヤホン「Echo Buds」、メガネ型の「Echo Frames」、ブレスレット型の「Echo Loop」といったデバイスが登場しています。

米国ではハンズフリーのEchoデバイスも

 誰もが音声アシスタント対応デバイスを身につけて歩く世界観は面白いものの、公共の場で誰かが「アレクサ」と言ったとき、複数のデバイスが反応するのは困ります。ユーザーの声をしっかり聞き分け、センサーを駆使して言葉を発することなく使える機能はますます重要になりそうです。

 このようにスマホやPCに向かうことなく無意識にコンピューターを使える「アンビエントコンピューティング」は、ライバルのグーグルも同じ方向性を打ち出しています。音声アシスタントが「スマートホーム」を飛び出して外の世界に広がっていくのか、注目です。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン