このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第629回

ついにiPhoneにも猫認識!? iPhone 11 Proで猫を撮る!

2019年09月24日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今年のiPhoneはひと味違う!
3眼カメラで猫を撮りまくった

 毎年恒例、新iPhoneで猫を撮るのお時間がやってまいりました。ええ、今年もやるのである。iPhone 11 Proで猫を撮る。

カウンターを跳び越えて迫ってきた子猫をiPhone 11 Proで。ちゃんと顔にピントが来てて素晴らしい。後ろにちらっと写ってるのが店長さん。2019年9月 アップル iPhone 11 Pro

 タイトル通り、わたしが買ったのはiPhone 11 Pro。色はもちろんミッドナイトグリーン。良い色ですな。リーク画像を見たときは「え、ホントにこの並びでトリプルカメラやるの?」とちょっと不安になったけど、そこはさすがのアップル、実物を見るとそれほど違和感はない。むしろいい感じに目立っててよい。ボディーが明るい色だとカメラ部が目立ちすぎちゃうけど、ミッドナイトグリーンだとちょうどよいバランスだ。

今回のヒットカラーはやはりグリーンだと思う。渋めのグリーンでそこに3つの大きなレンズが。それぞれ、13mm相当の超広角、26mm相当の広角、52mm相当の望遠カメラとなっている

 さっそくオープン型保護猫シェルター queue(くー)へお邪魔して猫撮影をさせてもらったのである。シェルターに入り、バッグを置き、iPhone 11 Proをポケットから出し、仲良くお昼寝中の猫にカメラを向けて驚いた。

 え、iPhone 11って「猫AF機能持ってるの?」。そんなん聞いてない! でもちゃんと2匹の猫を認識してるではないか。

iPhone 11 Proのカメラアプリ。レンズを向けたら、2匹それぞれに黄色い枠が。もしや、猫認識機能?

 まあ、猫を認識してるんじゃなくて、被写体として認識したものがたまたま猫だったと思うけど、でもこの連載では「iPhone 11は猫検出機能を持っていた!」ということにするのである。いやこれは予想外だった。人と猫以外に何を認識するのかいつか調べてみよう。

 で、撮ったのがこちら。黒い猫は黒くて白い猫は白い! 当たり前なんだけど、撮るときも撮ったあとも特になんの調整もしてないわけで、白猫が明るすぎず暗すぎず、黒猫は黒いのでいい感じに黒く写っててよい。

気持ちよさそうに巴状に寝てるハチワレと黒猫。ハチワレの肉球がかわいい。2019年9月 アップル iPhone 11 Pro

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン