このページの本文へ

猫民(ねこみん)カードも発行できる

神奈川県、飼い猫へのマイクロチップ装着費用の補助を発表

2020年02月13日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 神奈川県は2月12日、飼い猫へのマイクロチップ装着費用の補助および「猫民(ねこみん)カード」の作成を開始すると発表した。

 神奈川県が動物愛護のメディアパートナーとして情報発信・普及啓発等に関する連携協定を締結しているPECOが、公益社団法人神奈川県獣医師会と協力。飼い猫へのマイクロチップ装着費用の補助を行なうもの。

 PECOではマイクロチップ装着率向上に向けたウェブサイトを運営しており、現在発行している「犬民カード」に続いて猫民カードの作成も可能となる。

 マイクロチップ装着費用の補助の対象は神奈川県民(横浜市、川崎市、相模原市及び横須賀市の住民を除く)が飼育している生後6ヵ月齢以上の猫。補助金額は上限2500円。頭数222頭、2月12日から3月31日まで(予定頭数222頭に達した場合は終了となる)。

 猫民カードはPECOのマイクロチップ装着率向上に向けたウェブサイトに登録(無料)し、ペットの情報を入力すればサイト上で猫民カードの画像を作成できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン