このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第628回

ソニーの「RX100M7」は最強の猫撮りコンデジだ!

2019年09月19日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

動いている猫もピントばっちり

 冒頭写真も同じ猫。毛繕いしてる最中、顔をふと上げた瞬間を狙ってみた。連写もAFも何もかも速くてサクサクなので、タイミングも取りやすいのだ。動いてる猫もOK。シャッタースピードは気をつけなきゃいけないけど、階段を降りてくる猫も完璧に捉えてくれた。

アパートの階段の上に猫がいたのでカメラを向けたらトコトコと下りてきたので慌てて撮影。そのままこっちへ来てくれるかなと思ったけど、ダメでした。2019年9月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M7

 ついでにいえば、昔ながらのチルト式モニターなので、しゃがんで下から撮影も簡単。横顔でも猫瞳AFが……実はよく覚えてないんだが、効いてた気がする。いったん目がしっかり見えてる状態で瞳を捉えたら横を向いてもちゃんと追従してくれた気がする。

きりっとした横顔もまたよし。公園の猫なんだけど、首輪をしておりました。人なつこいよいキジトラです。2019年8月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M7

 瞳が見えてないときは瞳AFは働かないけど、そのときでもオートエリアAF時の被写体の捕捉は昔より賢いし、なんならタッチAFで指定してやればいい。次はちょこんと座ってずーーーーっと上を見ていたみけ。近づいてもピクリともしないで見上げてるのである。

これは瞳AFが効かなかったのでタッチAFで。じーっと見上げてピクリとも動かないミケがいたのである。2019年9月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M7

 いったいこの猫は何を見ているのか。ズームアウトしてみると……これでした。小鳥。このおうち、小鳥を飼ってて、それをじーーーーーーっと見つめてたのである。いやあ気になるよねえ。猫としてはとびつきたいよねえ。

目線の先には小鳥たちが。「逃げてー」といいたくなるけど逃げられません。猫も見てるだけで襲わず。賢い。2019年9月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M7

 小鳥ピンチ! な図ではあるけれども、手を出しちゃいけないことわかってるのか、じっと見つめるだけで飛び上がったりもせず、去っていったのでありました。ちゃんと我慢してえらい。

 とまあ、RX100M7は最強の猫撮りコンデジでありお散歩コンデジであり、今すぐにでも買いたいくらいだ。そのシンプルで小さなボディーに似合わないほどの高性能であることを考えれば納得せざるを得ないのだが、衝動買いをするにはちょいと高価なのが……。でも欲しい!

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン