このページの本文へ

中堅・中小企業やスタートアップの財務管理を効率化

クラウド型経営管理システム「Manageboard」企業向けプラン提供開始

2019年07月23日 17時20分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ナレッジラボは7月18日、クラウド型経営管理システム「Manageboard」において、企業向けプランを提供開始したと発表。

 Manageboardは、会計データをもとに事業計画や予算管理などを自動化し、企業の経営管理を効率化するクラウドサービス。目標売上高や前提条件などを設定するだけで、予算実績分析、キャッシュフロー予測、AIチェックなどの経営シミュレーションを自動的に表示する。

 企業向けの新たな機能として、売上予算管理機能や、予算進捗報告といった機能を搭載する。料金は月額2万9800円から。

 中堅・中小企業は、予算管理や事業計画を立てる際、Excelに会計データを手入力し自力で計算するケースが多く、経営分析に時間がかかるという課題がある。

 これまでManageboardは、会計事務所など財務のプロフェッショナル向けに提供していたが、新たに企業向けプランを開始することで、さらに多くの中堅・中小企業やスタートアップ企業にも利用できるようになったとしている。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ