このページの本文へ

施設利用者や家族、介護スタッフの間の円滑なコミュニケーションなどに

コミュニケーションロボット「BOCCO」を用いた介護福祉施設向け新サービスの実証実験

2019年06月28日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 社会福祉法人東北福祉会と日本ユニシス、ユカイ工学は6月28日、コミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を活用した介護福祉施設向け新サービスの開発に向けた実証を開始すると発表。7月1日に開始する。

 東北福祉会が運営する介護福祉施設「せんだんの里」(仙台市青葉区)において、コミュニケーションロボット「BOCCO」と新たに開発するシステムを活用、施設利用者や家族、介護スタッフの間のコミュニケーションの円滑をサポートするサービスや、介護スタッフの業務効率化を図るサービスについて検証を行なう。

実証実験の概要

 実証期間は9月末までを予定しており、3ヵ月かけてサービスの利便性や実用化に向けた課題などの検証を行なうとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ