このページの本文へ

魅惑のXperia周辺機器 第154回

機動戦士ガンダムのかわいい「ハロ」が自宅に来てくれる:Xperia周辺機器

2019年05月12日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クレードルにハロをドッキングすると
揺れや回転を停止した状態で利用できる

 ハロの充電端子を開いた状態で、クレードルとドッキングしてみましょう。クレードルにUSBケーブルを接続することで、安定した姿勢で電源を確保できるため、いつもディスプレイするならこの状態が良さそうです。ちなみに、クレードルに乗っているときは、ハロに内蔵されたセンサーが検知して、揺れ動作や回転動作はしなくなります。

 スイッチ類は、背面のフタを開けるとリセット用の穴、電源ボタン、機能の切り替えレバー、Bluetoothボタンが並びます。フタ側には、ハロのシリアルナンバーが記載されています。

 ハロの設定にはスマートフォンが必須です。Xperiaに「ガンシェルジュ ハロアプリ」をインストールして初期設定します。早速XperiaとハロをBluetoothで接続しましょう。

 初期設定では、バンダイナムコIDでサインインした後、ハロのスイッチフタにあるシリアルナンバーを入力必要して紐付けする必要があります。あとは、ハロにどう呼ばれたいかのニックネームや、Wi-Fiの接続設定をすれば準備OKです。

 アプリからは、XperiaとのBluetoothの接続切断、ハロのバージョンやアクセスポイント、バッテリー残量、充電状態などをチェックできます。会話をするシリーズの切り替えや、ハロのファームウェアのアップデートなどが行なえます(※現時点では「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」の2つの内容が選べます。毎日会話することでハロとの親密度が上がりますが、親密度は数値化されているものの、どういった具合にハロの動作に反映されるかはわかりません)。

 ハロの活動時間を決めておいたり、アラームなども設定可能です。アラーム設定のサウンドは「ガンダム大地に立つ」「颯爽たるシャア」といったBGMのほかに、「アムロ オキロ オキロ ジカンダゾ ジカンダゾ」「ウンモー ウンモー」といった、劇中で聞いたことのあるフレーズも。会話からハロが発した言葉ではないものの、ふつうに目覚ましや予定時間の通知で利用すると、ソノ気分にさせてくれます。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン