このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

魅惑のXperia周辺機器 ― 第167回

光と音を奏でるワイヤレススピーカー「LSPX-S2」:Xperia周辺機器

2019年08月11日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

光と音を奏でるワイヤレススピーカー「LSPX-S2」

 Xperiaに接続して音楽を楽しめるワイヤレススピーカーは、市場に多数存在します。しかし、せっかくなら音を再生するだけではなく、その佇まいもおしゃれに演出したい。今回は、そんな願いをかなえてくれるソニーのグラスサウンドスピーカー「LSPX-S2」をご紹介。ランタンっぽく見える外観からは想像もつかないほど素敵な音色を奏でてくれます。

 LSPX-S2は、ガラスの透明感とペールゴールドに塗装された亜鉛ダイキャストを採用した土台部分、ブラウン調の人工レザーを採用した底面など高い質感で構成されています。

 高域を再生するのが有機ガラス管型トゥイーター、中域を再生するのが35mmウーファー、低域を再生するのが底の部分にあるパッシブラジエーターの3つを組み合わせて音楽を再生します。有機ガラス管(振動板)の端面を加振機が叩いて発生した振動が有機ガラス管全体から音が360度に音が広がる仕組みです。

 有機ガラス管の中には、上向きに照射するLEDとさまざまなな方向の反射を形成するレンズリフレクターが組み込まれています。おかげで、直接的な光が飛び出すのを抑えて眩しさを抑えつつ、部屋全体を広く照らします。

 中域を再生するのが、土台部分に開口した空洞からみえる35mm径のウーファー。スキマを覗き込んでみると、スピーカーが上向きに配置されているのがわかります。そして、その真上に尖った山に音が反射して360度に音を広げます。

 低域を再生するパッシブラジエーターは底面内部に配置されており、ソニー独自技術のノッチ形状を採用して振幅動作を最適化し、クリアーな低域を再現することに一役かっています。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン