このページの本文へ

ガンダムの会話を楽しめる! AI搭載「ガンシェルジュ ハロ」

2018年06月04日 20時20分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バンダイは6月4日、AIを利用した、アニメ「機動戦士ガンダム」に関する会話を楽しむためのコミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」を発表した。価格は14万9040円で、予約は7月下旬から。

 ガンシェルジュ ハロは、機動戦士ガンダムに登場するマスコットロボット「ハロ」が「もし現代に存在していたら」をテーマにしたAIコミュニケーションロボット。「ガンシェルジュ」は、「ガンダム」と「コンシェルジュ」の造語とのこと。

 ユーザーの発言を音声認識して意味と意図を分析し、ハロの声でデータベースから最適な回答を返す。キャラクターの台詞や忘れられないシーンなど、ガンダムの基本から踏み込んだ内容まで、作品にまつわるさまざまな会話を存分に楽しめるという。会話すればするほど、より深い知識の話題を楽しめるようになるとのこと。

 本体の目と口にLEDを内蔵し、色や点滅で状態や表情を演出。また、会話している相手の方向に向きを変えたり前後左右に揺れたりと、テレビアニメと同様の愛らしい動作を再現したという。

 そのほか、Bluetoothスピーカーや、アラーム機能も付いている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ