このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

魅惑のXperia周辺機器 ― 第162回

USB-HDMI出力が復活した「Xperia 1」で使いたい7in1ハブ:Xperia周辺機器

2019年07月07日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

USB-HDMI出力が復活した「Xperia 1」で使いたい
「Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ」

 今回は、最新機種「Xperia 1」と非常に相性がよく、汎用性の高いUSB-Cハブをご紹介いたします。7つのポートがひとまとめになり、充電にも対応するAnkerの「7 in-1 プレミアム USB-Cハブ」は、ビジネスでもプライベートでも、ひとつあると活躍の幅が広がるアイテムです。

 Anker 7 in-1 プレミアム USB-Cハブの本体サイズは117.1×53.4×14.5mm、重量は約140gです。コンパクトで軽量、しかも厚みが抑えられていることもあってカバンの中でかさばらず、出かける際に持ち出しても邪魔にならないサイズ感です。本体は金属素材で覆われており、ちょっとやそっとでは傷つかない質感の良さがあります。

 ハブの機能としては、USB 3.0端子×2、PD対応のUSB Type-C充電端子、データ転送用USB Type-C端子、HDMI端子、SDカードスロット、microSDカードスロットの7つのポートを装備。本体直付けのケーブルはUSB Type-Cで、ここ数年に登場したXperiaに直接接続できます。

 このUSB Type-CケーブルをXperiaに接続することで、SDカードやmicroSDカード、USBメモリーにある写真や動画をチェックしたり、データをストレージ内に取り込むことができます。SDカードスロットはSD/SDHC/SDXCの最大2TBまで対応。データ転送速度は毎秒最大104MBまで。USB端子は、有線接続のマウスやキーボードを接続して周辺機器を利用する際にも利用できます。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン