このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

魅惑のXperia周辺機器 ― 第169回

非常用電源としても使える大容量5万7600mAhバッテリー:Xperia周辺機器

2019年08月25日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

非常用電源としても使える大容量5万7600mAhバッテリー
「Anker PowerHouse 200」

 Xperiaだけを充電するのであれば小型のモバイルバッテリーで十分ですが、夏や秋は車でキャンプや旅行などに出かけるレジャーシーズン。電源がない場所でも安心して長時間使える大容量のポータブルバッテリーを用意したいところです。

 今回ご紹介するポータブルバッテリー「Anker PowerHouse 200」は、5万7600mAhという超大容量で、コンセントやシガーソケットも接続できる便利グッズです。

 本体サイズは約190×138×118mmで重量は約2.7kg。外観に余計な凹凸はなく、周囲をアルミパネルで覆われたシンプルな立方体デザイン。持ち運び用として可動式の取手がついています。

 小さなモバイルバッテリーのように気軽に持っていけるとは言いがたいですが、超大容量をギュッとこのサイズに収めたポータブルバッテリーとしては、非常にコンパクトなサイズ感です。

 リチウムイオン電池を採用する213Wh(5万7600mAh)という容量は、およそXperiaスマートフォンを約20回くらいフル充電できるほど。しかも、当然ながら使用中は燃料系の発電機のように大きな音をたてることもなくとても静か。

 Anker PowerHouse 200の出力ポートは、Power Delivery対応USB Type-CとUSB Type-A、12V DCシガーソケット、110V ACコンセント。2つあるUSBポートは5V/3A、急速充電の“PowerIQ”に対応しており、スマートフォンやワイヤレスヘッドセット、カメラなどたくさんの機器を効率よく充電できます。

 コンセントのAC出力は100Wまで対応。正弦波を採用していることもあり、家庭用100Vと同じような滑らかな波形を作り出す交流電源で、ほとんどの家電製品がそのまま使えるのも強みです。

 そして、シガーソケットも備えるため、車載用の機器をそのまま活用できるのもとても便利。キャンピングライトやミニ冷蔵庫など、出力さえ許せばさまざまな家電製品を利用できるので、キャンプ先でも電源に困ることなく使えます。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン