このページの本文へ

単3電池を使う機器であれば遠隔で利用状況モニタリング可能

単3電池とクラウドが接続「MaBeee みまもり電池」を発売

2019年04月23日 16時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MaBeeeみまもり電池」

 ノバルスは4月23日、IoT乾電池「MaBeeeみまもり電池」を発表。4月24日に発売する。

 Bluetoothを搭載したIoT乾電池MaBeeeはこれまでクラウドとの連携機能はなかったが、新たにIoTプラットフォームを提供するIoTBASEと協業、電流・電圧検出機能を用いてクラウド上で利用状況を可視化できるようになる。

 単3電池を使用した製品(テレビリモコンなど)に装着、Bluetooth接続を経由してクラウドに接続。電池の出力コントロールやモニタリング、 ビーコン発信など、 電池から得られる情報をクラウド上で提供することにより、スマホ上で簡単に離れて住む人の利用状況を確認できる。

クラウド対応としたことでさまざまな用途が考えられる

 IoTBASEでの利用料金は月額540円から。MaBeeeみまもり電池は1個3218円での販売を予定している。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ