このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第529回

Rocketbookを使うクラウドホワイトボード「Thinkboard X」を衝動買い

2019年04月24日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アナログノートブックの筆記内容を見事にクラウドサービスと連携するRocketbookアプリはこの世界では有名だ。今回はノートブックではなく、ホワイトボードとの連携を実現させた「Thinkboard X」という商品を衝動買いしてしまった

Rocketbookを使うクラウドホワイトボード
「Thinkboard X」を衝動買い

 アナログの筆記データとデジタルのパソコンワールドとの結びつきは、大昔のOCRの時代から接近してはまたも離れてゆくという奇妙な関係だ。文字認識の世界は膨大な研究費を注ぎ込んで99%まで到達しても、100%ではない限りは逆に極小化されたエラー箇所の発見と修正に、より多くの時間が必要となる。

 成功率100%でないと許せない人間の存在はその一方で、昔OCRで実現しようとした正確無比の世界とは別に、より緩いルーズなイメージの解決案を模索しはじめた。ネットワークの進化と低価格化、それにともない急激な成長を遂げたスマホの世界が実現した“緩い手書きデータのイメージとしてのデジタル化”の世界だ。

 今回ご紹介する製品「Thinkboard X」は、過去何度か登場しては消えて行った手書きペーパーの結果をスマホアプリで撮影(スキャン)してクラウドサーバーに保管管理する、サービスの1つだ。

筆者が衝動買いしたのは、2サイズあるThinkboard Xのうち、Smallサイズのホワイトボードイメージの商品だ。実際のサイズはA4より小さなレターサイズ近辺。極めてコンパクトなパッケージで配送されてきた 筆者が衝動買いしたのは、2サイズあるThinkboard Xのうち、Smallサイズのホワイトボードイメージの商品だ。実際のサイズはA4より小さなレターサイズ近辺。極めてコンパクトなパッケージで配送されてきた

 今回のサービスはベストセラーアプリ「Rocketbook」を使っていることが大きな特徴だ。Rocketbookは極めてよくできたクライアント&サーバーアプリで、過去、このコラムでご紹介したメモ帳サイズの「Rocketbook Everlast mini」や、電子レンジでチンしてアナログノートを何回も使用できる仕組みの「Rocketbook Wave」などで使用されている定番的アプリケーションとサービスだ。

 「Thinkboard X」は、以前ご紹介したサイズや消去方法の違うメモ的な商品ではなく、“クラウド型ホワイトボード”の実現を目指した商品だ。あいにく筆者が購入した商品は、一般的にイメージするホワイトボードとは異なるA4-サイズのスモールサイズ(筆記有効サイズ実測:265×190mm)だが、表面はツルツルしていて、裏面のシールを剥がして任意の場所に貼り付けて使える、まさにホワイトボードというイメージだ。

ふつうにペンで筆記するアナログノートとクラウドサービスの連携は、スマホの普及とともに世界中で大流行したアプリケーションの1つだ。基本はメモやノートとの連携だが、今回はホワイトボードとの連携商品というとこころが新しい(中央) 同梱物は、背面糊付で壁面に貼り付けて使用するテカテカした「Thinkboard X」Smallサイズと専用の消去用の布(Amazon.co.jpでふつうに買える)、そしてDry Eraseのホワイトボード用マーカーペン、日本語の取説だ
ふつうにペンで筆記するアナログノートとクラウドサービスの連携は、スマホの普及とともに世界中で大流行したアプリケーションの1つだ。基本はメモやノートとの連携だが、今回はホワイトボードとの連携商品というとこころが新しい(中央)同梱物は、背面糊付で壁面に貼り付けて使用するテカテカした「Thinkboard X」Smallサイズと専用の消去用の布(Amazon.co.jpでふつうに買える)、そしてDry Eraseのホワイトボード用マーカーペン、日本語の取説だ

 付属の“Dry Erase”タイプのホワイトボードペン(黒)でThinkboard X上に記述し、付属の布で擦ることで簡単に消去できる。Thinkboard Xの左下にはQRコードが事前印刷されており、Rocketbookアプリを導入したスマホカメラを筆記済みのThinkboard Xにかざすだけで、黒枠内の筆記内容を撮影し、傾きや台形補正を施し、スマホの内部ストレージや、ユーザーの指定したメール先や登録したクラウドサービスに送ってくれる。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン