このページの本文へ

ユカイ工学とハウステンボスが共同開発

家族を優しく見守るコミュニケーションロボット「TELLBO」

2019年04月17日 17時40分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユカイ工学とハウステンボスは4月16日、コミュニケーションロボット「TELLBO」(テルボ)を共同開発したと発表。発売予定は5月31日。

 開発コンセプトは、“簡単”、“安心”、“可愛い(癒し)”。離れて暮らし、日中独居となりがちな親や家族とのコミュニケーションをより簡単にし、やさしく見守りながら癒しも与えられるロボットだという。

 nanoSIMカード対応で、家庭にWi-Fi環境がなくても、TELLBOを電源につなげばTELLBO本体側での設定はなにもせずに使うことができる。

TELLBO本体

 TELLBOを収納する着せ替えぬいぐるみの腹部のマークを押すと、簡単にメッセージを録音可能。登録したスマホに送信できる。また、TELLBOから受けた音声は文字に変換してメッセージが届くので、受け取る側の状況によって音声を聞かずにメッセージの内容を確認できるという。スマホから返信する場合も、チャット感覚で文字入力または音声入力での返信が可能。

 さらに同梱のドアセンサーを取り付ければ、ドアなどの開閉の振動を検出してTELLBOが発話して通知する。同時に、登録したスマホにもお知らせがいくという。そのほか、別売りのセンサーを含め最大8個まで接続可能。見守りたい内容に応じてさまざまな組み合わせが実現するとしている。

ハウステンボスのシンボルの1つである風車のお世話をする、風車係のフルック(茶色)と双子の妹カーレル(黄色)の2種類を用意

 TELLBO本体1体、ぬいぐるみ1個(フルックとカーレルから選択)、ドアセンサー1個、ACアダプター1個で構成する「TELLBO基本セット」の価格は4万2768円。通信料は月額1393円。そのほかくわしいスペックは以下の通り。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ