このページの本文へ

アルクテラス、主体的な学習法が身につくノートの取り方を一部公開

2019年04月05日 17時45分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アルクテラスは4月4日、主体的な学習が自然と身につくとうたうノートの取り方「魔法のノート」に基づく、中高生ユーザーのノートを公開した。魔法のノートは、東京都立武蔵高等学校・附属中学校の英語教諭で「教えない授業」を推進する、山本崇雄氏の協力によるもの。学習における自身の課題を提起し、答えを導くまでに道のりなどを的確にまとめることで、主体的な問題の解決能力を身につけられるという。

【優秀賞】高校2年生『海陸風と季節風と偏西風にはどのような「違い」があるのか。』
【優秀賞】高校1年生【魔法のノート】
【優秀賞】中学生『綱吉さんの政治』
中学生『絶対王政が行われたことで人の生活はどう変わったか。』

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ