このページの本文へ

アルクの英語学習書籍を購入、リスニングも可能

アルク、iPhoneに入れていつでも持ち歩ける英語学習アプリ「booco」を提供開始

2020年04月30日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アルクは4月30日、iOS向け英語学習アプリ「booco(ブーコ)」の提供を開始した。

 英語学習の参考書や問題集の電子コンテンツをアプリ内で購入・学習できる新たなiOS向けアプリで、コンテンツを購入できるストア機能に電子書籍・音声コンテンツを再生できるリーダー・プレーヤー機能を搭載。 紙よりも安価に書籍を購入でき、紙面の無料サンプルも用意される。

 「紙の本を持っているので音声だけ手軽に再生したい」「移動中にリスニングをしたい」といった用途向けに音声は無料で聞き放題という。また、購入した書籍コンテンツをクイズ形式で繰り返すトレーニング機能も6月に実装予定。将来的には、複数の購入書籍からランダムに出題される機能も搭載予定するという。

 第一弾では、累計発行部数480万部突破の「キクタン」シリーズ、 TOEIC L&Rテスト研究の第一人者ヒロ前田氏の最新模試本「TOEIC L&Rテスト 究極の模試600問+」など、アルクの人気書籍・最新刊を揃え、今後はアルク以外の書籍も追加するという。アプリは無料(iOS 11以降)、アプリ内課金でコンテンツを購入する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中