このページの本文へ

JAPAN INNOVATION DAY 2019第41回

JAPAN INNOVATION DAY 2019レポート

IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった

2019年03月22日 21時10分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 角川アスキー総合研究所は3月22日、赤坂インターシティコンファレンスで、オールジャンルのXTech展示カンファレンス「JAPAN INNOVATION DAY 2019」を開催した。

 「JAPAN INNOVATION DAY 2019」は、これまでASCIIが開催してきた、ハードウェアとIoTプロダクト関連事業者の展示交流・ビジネスセミナーイベント「IoT&H/W BIZ DAY」のジャンルと規模を拡大したイベント。

 対象分野はIoT・ハードウェア、AIのみならず、フィンテックやヘルステック、スポーツテック、働き方に関連するビジネスSaaSなど、これまでより広い業界をカバー。

IoTデバイスの小ロット生産をしたい人、必見!

 本稿ではテクノラボのブースをレポート。

 同社は、小ロットでの製品開発をしたユーザーに向け、少額での金型製作、デザイン、製造をするサービスを提供している。金型は小さいもので25万円から。プロトタイプと量産化の中間の、「少量生産」のニーズに応えるためのサービスだ。

 担当者によれば、オリジナルのIoTデバイスをクラウドファンディングで実現したいというユーザーや、製品開発の過程で少量のみ生産したい、あるいは、大量生産をしても売れるかどうかわからないため、まずは少量で生産したいといった企業の顧客が多いとのこと。

 展示されていた金型の現物も見学させてもらったが、非常に精密で、頑丈そうな印象だった。

 同社ではデザインを起こす段階から一貫して請け負うことが可能とのことで、「アイディアはあるけど、どうやって入稿データを作ればいいのかわからない」といったニーズにも応えることができる。

 IoTデバイスの試作をしてみたい方、ぜひテクノラボという企業をチェックしてみよう。

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ