このページの本文へ

JAPAN INNOVATION DAY 2019第40回

JAPAN INNOVATION DAY 2019レポート

チームの力で「三日坊主」を解消、習慣化を成功させるためのアプリ

2019年03月22日 21時10分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 角川アスキー総合研究所は3月22日、赤坂インターシティコンファレンスで、オールジャンルのXTech展示カンファレンス「JAPAN INNOVATION DAY 2019」を開催した。

 「JAPAN INNOVATION DAY 2019」は、これまでASCIIが開催してきた、ハードウェアとIoTプロダクト関連事業者の展示交流・ビジネスセミナーイベント「IoT&H/W BIZ DAY」のジャンルと規模を拡大したイベント。

 対象分野はIoT・ハードウェア、AIのみならず、フィンテックやヘルステック、スポーツテック、働き方に関連するビジネスSaaSなど、これまでより広い業界をカバー。

アプリの力で3日坊主を防止する!

 本稿ではエーテンラボのブースをレポート。

 同社は三日坊主防止アプリ「みんチャレ」を提供している。新しい習慣を始めたい人同士で5人のチームを組み、チャットで励まし合いながら、習慣化を目指すというアプリだ。

 アプリを開くと、ダイエットやフィットネス、学習、読書など、カテゴリーごとに無数のチームが存在し、ユーザーは既存のチームに参加したり、自分でチームを作り、同じ目標を持ってチャレンジする仲間を募ったりできる。

 チームを組んでチャレンジすることで、連帯責任の意識が生まれ、習慣化に成功する確率が大幅に向上するという。また、チームは公開して広くメンバーを募ることもできるし、非公開設定にして、友人や知人、同僚といった限られた範囲で運営することも可能。

 月額500円の課金で「プレミアム」に加入すれば、参加できるチーム数が増えたり、プレミアム会員しか参加できないチームに参加できたりと、より多くの機能が楽しめる。また企業による「公式チャレンジ」も用意。企業のサービスを継続してうまく使いたいというユーザーの希望と、ユーザーが自社のサービスをどう感じているかを知って、改善を続けたいという企業のニーズの双方にアプローチしている。

 担当者によれば、現在は医療やヘルスケア分野との親和性に注目しており、社会全体の健康増進という課題にも取り組んでいきたいとのこと。なかなか習慣が続かない人には、ぜひ試してほしいアプリだ。

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ