このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第29回

キャリアはスマホが売れなくても痛くない:

「キャリアでスマホを買う」時代は終わる?

2019年02月01日 16時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●iPhone日本でも不振か

 日本で人気のアップル製品といえばやはりiPhoneだろう。アップルは具体的な数字を明らかにしていないが、キャリアの決算から浮かび上がってくる数字を見ると、なんとなく不調な感じが伝わってくる。

 1月31日に発表されたKDDIの決算を見ると、2018年10〜12月の第3四半期に191万台のスマートフォンを販売しているが、昨年同期の販売台数は221万台だ。

 同じ時期にも関わらず30万台も販売台数が減少しているのだ。

 ちなみに2018年7〜9月の第2四半期の販売台数は173万台で、1年前は170万台だった。KDDIは2017年夏に分離プランを導入し、端末の割引がなくなりつつあるのだが、それでも9月までは前年を上回る販売台数を計上していた。

 本来ならiPhone新製品を9月に発売するため、10月から12月は販売台数を稼ぐ時期とされている。昨年、この時期に販売台数が落ちているということは、iPhoneが思いのほか売れなかったということかもしれない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン