このページの本文へ

TableCheckが三井住友カードと提携

レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay」

2018年12月10日 10時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TableCheckは12月10日、三井住友カードと提携し、飲食店・レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay」(テーブルチェックペイ)を提供開始すると発表した。

 レストラン予約時にクレジットカード情報を登録することで、店舗で現金やクレカを用意することなく、サインレスでスマートな会計が可能になるという。

 既存のスマホ決済で一般的な「QR コード決済」以外にも、SMSやEメールで通知を受け取り、リンク先のページから決済を実行する「メール決済」を採用。専用アプリのダウンロードを不要とし、ユーザーの利便性をより高めているとしている。

 対象ユーザーは、三井住友カードのプラチナ・ゴールド会員。なお、個人・法人いずれも対象としており、各種提携カードも含まれる。

 また2019年1月から、同社が提供するすべてのクレジットカード機能の決済手数料を、従来の3.9%から3.19%に引き下げると発表。これまでカード決済手数料を懸念しキャッシュレス決済の導入を見送っていた飲食店に対しても導入しやすい環境を整えることによって、飲食業界全体のキャッシュレス比率の向上に貢献するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ