このページの本文へ

実際に音声小説が聞ける「リスナーモード」を解放!

小説を声優が音声化して配信する「Writone」正式リリース

2018年10月02日 10時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Lyactは10月2日、NOW、F Ventures LLPを引受先とし、第三者割当増資による資金調達を実施したと発表。加えて、音声小説配信プラットフォーム「Writone」(ライトーン)のウェブ版とiOS版を正式にリリースした。

 Writoneは、小説家の小説を声優が音声化して配信するというもの。小説の投稿、音声化は誰でも簡単にできる。小説家と声優限定で公開しているβ版では、すでに500人以上のユーザーを獲得しているという。なお一部の声優学校では、カリキュラムの一環として同サービスを取り入れることが決定している。

 今回のリリースにより、実際に音声小説が聞ける「リスナーモード」を解放。すべてのユーザーが利用可能となった。今後も機能をアップデートしていくため、増資による開発体制の強化を進めていくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ