このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

渋谷100BANCH「ナナナナ祭」セッションレポート「AIは優しくなれるか」

AIで犬型ロボットはつくれても、猫型はまだつくれない

2018年07月12日 06時00分更新

文● 津田啓夢 編集● ガチ鈴木 /ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ナナナナ祭の各種展示

アクセラレーションプログラム

 100BANCHでは35歳未満を対象としたアクセラレーションプログラム「GARAGE Program」を実施している。GARAGE Programの審査に通れば、最大3ヵ月間、100BANCHを活動拠点として利用できる。

 メンターに各分野の多彩な顔ぶれが並んでいるのも特徴だろう。たとえば、メディアアーティストの落合陽一氏や、渋谷区長の長谷部健氏、ハードウェアスタートアップの岩佐琢磨氏、モノづくりカフェ「FabCafe」などを手がけるロフトワークの林千晶氏、ベンチャーキャピタルのGCP高宮慎一氏らもその1人。

 なお7月25日まで新たなプロジェクトを募集中。現在、未来をつくる実験として、6つのキーテーマ「温故創新のコトづくり、モノづくり」「食の原点と未来」「温かくて柔らかいテクノロジー」「Diversity & Inclusion」「サスティナブル・ソサエティ」「人生100年時代の働き方、生き方」を展開している。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ