このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー ― 第63回

グーグル「量子超越性」 実証の意味/ボストン・ダイナミクスのロボット犬限定販売

2019年10月11日 11時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。

グーグルの「量子超越性」 実証は何を意味するのか?

グーグルが世界初の「量子超越性」を実証したとの報道を受けて様々な憶測が乱れ飛んだが、少なくともその一部は、今回の成果をひどく誇張したものに過ぎない。グーグルが同社の量子プロセッサーで達成したと思われること、量子超越性を取り巻く誤解について改めて説明しておこう。

≫ 続きはこちら

ボストン・ダイナミクスのロボット犬、限定販売へ

ボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)の4脚ロボット「スポット(Spot)」は、建設現場やガス工場、発電所、公衆安全のための「選ばれし早期顧客」だけに販売される。

≫ 続きはこちら

ユーチューブが新アルゴリズムを実験、「中毒性」高める

ユーザーを動画にくぎ付けにするためのユーチューブの「おすすめ」アルゴリズムが、より過激な動画や排他的な思想の動画をユーザーに勧めがちだとして問題になっている。グーグルの研究チームは同アルゴリズムのアップデートを検討しているが、さらなる分断を招く可能性がある。

≫ 続きはこちら

グーグル、ディープフェイク対策の巨大データベースを発表

グーグルは9月24日、ディープフェイク検出ツール開発を促進する活動の一環として、公表されている様々なアルゴリズムを用いて人工知能 (AI) が生成した3000本のビデオを含むオープンソースのデータベースを発表した。

≫ 続きはこちら

カーボン・オフセット制度に 重大な欠陥 カリフォルニア州の衝撃

二酸化炭素排出量を規制する取り組みの一つである排出量取引(キャップ・アンド・トレード)制度では、カーボン・オフセット・クレジットが中核となっている。しかし、カーボン・オフセットでは二酸化炭素排出の削減量を過大評価していることが多く、気候変動対策としては欠陥のある方法だという最新の証拠がカリフォルニア州の制度で示された。

≫ 続きはこちら

眼鏡から指輪まで、アマゾンが音声対応ガジェットを一挙発表

アマゾンは9月25日、ワイヤレス・イヤフォンの「エコー・バズ(Echo Buds)」をはじめ、スマート指輪の「エコー・ループ(Echo Loop)」、スマート眼鏡の「エコー・フレーム(Echo Frames)」などの非常に多くの新しいガジェットを発表した。

≫ 続きはこちら

火星への有人飛行目指す、スペースXが「スターシップ」を公開

スペースX (SpaceX)のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は2019年9月28日、月と火星に乗客を運ぶロケット「スターシップ(Starship)」の開発状況についてプレゼンテーションした。

≫ 続きはこちら

NASA、土星系の探査用に変形ロボをテスト中

米国航空宇宙局(NASA)が、「トランスフォーマー」のように複数の形態に変化する能力を持つ新型ロボット「シェイプシフター(Shapesihfter)」のテストを実施している。これと似たようなデザインのロボットが、いずれ土星の衛星であるタイタンの探査に使われるかもしれない。

≫ 続きはこちら

MITテクノロジーレビューからのお知らせ

MITテクノロジーレビュー[日本版]主催のカンファレンス・イベント「Future of Society Conference2019」を2019年11月29日に開催します。今年のテーマは「宇宙ビジネス」。テクノロジーから法制度まで、宇宙をビジネスにするためのヒントが満載の1日です。ただいま、期間・枚数限定で超早割チケット販売中。お早めにご購入ください。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ