このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP 第32回

網膜照射に新世代原チャリ。1日かけてIoTとハードの未来に触れてきた

2018年04月13日 09時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

歯磨きを効率化するIoT、網膜に照射するプロジェクター

 歯っぴーのブースに出展されていた「歯っぴ〜」は、歯磨きを効率化するIoT製品。

 本体の内側にカメラを内蔵し、ブラシ部のアタッチメントからの映像を、光ファイバーを通してモニタリングできる仕組み。上の画像のように、歯の汚れている部分を赤く表示することで、磨き残しを防いだり、モニター側で歯や口腔内の衛生環境をチェックできる。

 現在は、医療や介護の分野で実証実験を行なっており、商品化を目指している段階。

 身体に近い部分で使う製品としては、QD Laserのブースも注目を集めていた。「量子ドットレーザー」と呼ばれる特殊なレーザーを、網膜に直接照射して、映像を見ることができるというデバイスだ。

 レーザーを照射するためのモジュールとメガネ型のデバイスを光ファイバーで接続し、光ファイバーを通じて網膜にレーザーが届く仕組み。メガネ側はおよそ50gと非常に軽く、違和感なく装着できる。

 最大の特徴は、水晶体の機能に像の鮮明度が左右されないため、目が悪い人でもくっきりとした映像が得られる点だ。

 筆者の視力は右0.5、左0.7程度で、裸眼でも日常生活に大きな支障はないが、見るものによっては多少ぼやけることがある程度。QD Laserを使って映像を見ると、空中に映像が浮かんでいるように見え、かつ、その映像は非常に鮮明だった。

 なお、QD Laserに使われているレーザーは網膜に悪影響がないクラスの物としており、目を傷める心配はないようだ。

高所から落ちるシミュレーション
リトルソフトウェアの体験ブース

 脳波測定用ソリューションなどで、ASCII.jpでも紹介していたリトルソフトウェアもブースを出展。

 この日は、大型の什器を用い、高所作業のシミュレーションをするソフトウェアを紹介していた。まず、安全用のベルトを身体に装着。このベルトは安全を確保すると共に、什器に固定し、揺れや落下を再現する為にも流用する。

 VRゴーグルを装着すると、高所を歩いているかのような情景が広がる。足を踏み外すと、什器の床が抜け落ち、実際に足を踏み外した際の感覚が得られるというもの。

 同社では、ソフトウェアだけでなく、展示されていたような体験用の什器の製作も請け負っており、クライアントは、ソフトウェアと合わせて体験型のソリューションやソフトウェアなどを発注できる。この日の展示では、高所にいるかのような「風」も再現していたが、再現する内容は、企業の研修内容に応じて、柔軟に対応できるとしていた。

北海道の街を舞台にした実験

 変わったところでは、北海道の札幌市を舞台にした総合的なカンファレンス「No Maps」の出展も。

 No Mapsは、市街地の道路や飲食店、ホール、ライブハウスなどを舞台にした総合的な祭典様式の展示会。企業、個人、またその規模を問わず製品やサービスを出展でき、ライブハウスやホールなどでは演奏も披露される。

 運営元のNo Maps Committeeは、さまざまなジャンル、業種の展示を集合させることで、「新たなビジネスを生み出し、加速させる」ことをコンセプトに活動しているとする。

 似通ったコンセプトの大規模な祭典として、テキサスで毎年開催されている「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」が挙げられるが、No Mapsも規模が大きくなれば、ビジネスの発展と自治体の活性化を同時に実現する祭典になり得るかもしれない。

 さて、当日、会場で注目を集めていたブースを中心に紹介したが、「IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP」の雰囲気はお伝えできただろうか。

 メインとなるスタートアップ企業の出展を見ていると、世の中に製品としてリリースされる以前のアイディアや、サービスの種のようなものに触れている感覚を味わえ、一般的な展示会とは異なる趣があった。

 今回は機を逃した読者も、興味を持ったら、ぜひ次回、参加してみてはいかがだろう。また、「これぞ!」という製品やサービスを持っている企業や個人は、出店側で参加してみると、新たなビジネスのチャンスに巡り会えるかもしれない。

『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』
■日時:2018年3月22日(木)
開場 11時30分 終了予定 18時
■場所:赤坂インターシティコンファレンス
〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(the AIR)
■入場料:展示ブース(無料)、カンファレンスフリーパス(3000円)
■イベント内容:5セッションを実施予定、出展ブース ハードウェア/IoTスタートアップ企業による展示、実機デモ、物販など
■参加方法:カンファレンス / 展示エリア共に事前登録制
■主催:ASCII STARTUP
■共催:富士通株式会社、eiicon
■協賛・協力:JETRO、No Maps実行委員会、PR TIMES、リコー、キリン、フォームラン、ペライチ
■出展:富士通、eiicon、No Maps実行委員会、PR TIMES、リコー、IT工房Z、アメグミ、Ambi Labs.、AnchorZ、144Lab、YEAAH、エイコム、エイブリッジ、O:、オープンロジ、Origin Wireless Japan 、キッズプレート、きびだんご、クァンタリオン、QDレーザ、glafit、Gatebox、JDSound、16Lab、SOINN、ソフトフロントジャパン/エコノミカル、泰興物産、ドリコス、プログレス・テクノロジーズ、バタフライボード、歯っぴー、パリティ・イノベーションズ、ピクスー、ヒナタデザイン、4Dセンサー、Mintomo、Momo、リコノミカル、リトルソフトウェア、リンクジャパン
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ