このページの本文へ

Google アナリティクスで解析したデータをKARTEに反映可能

ウェブ接客「KARTE」Google アナリティクスとデータ連携開始

2018年01月25日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プレイドは1月25日、ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」において、Google アナリティクスとのデータ連携を開始したと発表。

 両サービスを導入する企業やブランドは、Google アナリティクスで解析したデータをKARTEに反映可能となる。

 同時に、KARTE上で取得しているコンバージョンデータや好みの条件でセグメントした特定のユーザーに対し、Google アナリティクスを経由して Googleの広告プラットフォームから施策を配信できるようになるという。

 サービスの利用はオプションとなり追加料金が発生する。価格は月額10万円から。

 KARTEは、サイトへ来訪した人の特徴や行動をリアルタイムに解析して可視化し、個々人にあわせたコミュニケーションを実現するサービス。メールやLINE、SMSやブラウザー通知など、サイト外にいる人へのアクションも可能。

 今回のデータ連携は、企業やブランドのサイト内外やオフラインで分断されていた顧客の体験をつなぐ「KARTE CX CONNECT」の、広告領域における展開となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ