このページの本文へ

第6回「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2017」

アジアの技術系ベンチャーと国内企業の連携を支援「AEA 2017」

2017年10月02日 16時20分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会は9月25日、第6回「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2017(AEA)」を開催すると発表した。

 AEAは、アジア最先端のテクノロジーとアイデアを発展させ、世界的課題を解決するための新産業を創造する場として2012年にスタートした。

 第6回となる今回は、アジアを中心とする15の国と地域から選出された注目の技術系ベンチャー企業21社が同アワードにエントリーした。日本からは、エルピクセル、ゲノムクリニック、ストリームテクノロジ、バックテックの4社が出場する。

 アワードは事業の革新性、経済的・社会的影響力、事業の実行力などから審査され、入賞企業は賞金のほか、三井不動産が運営するコワーキングスペースの利用権および、日本の事業進出の展開サポートが受けられる。

 アワードに加え、プログラムでは各国ノミネーション委員によるベンチャー事情の紹介や意見交換を予定している。また、国内企業とベンチャー企業の大規模商談会である「イノベーションリーダーズサミット 2017(ILS)」との連携も実施。AEA枠としてエントリー企業3社がILSのマッチングプログラムへの参加やブース出展をする。

 さらに、AEAを起点としたグローバルネットワークをより強固なものにするために、過去のAEA出場企業を集めたトークセッションを初開催するという。

第6回「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2017」

日時:10月25日~27日
  ※27日のみ一般公開
会場:31VENTURES KOIL(千葉県柏市)
   柏の葉カンファレンスセンター(千葉県柏市)
主催:アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会
共催:三井不動産株式会社、国立大学法人東京大学産学協創推進本部、一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ、日本ベンチャー学会
公用語:英語(一部プログラムは日本語または日英同時通訳にて進行)
一般参加:10月27日 一般・5000 円、学生・2500円

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ