このページの本文へ

柳谷智宣の「スタートアップDive!」 第36回

見積・請求・入金管理の負担を軽減!「Makeleaps」を体験してみた

2017年08月30日 06時30分更新

文● 柳谷智宣 編集●北島幹雄/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

取引頻度が低いならアーカイブ機能を賢く利用する

 続いて、取引先を登録する。個人プランでは取引先は最大10社。法人プランは11社以上が追加料金となり、上限はなし。ただし、取引のなくなった会社などは後述するアーカイブ機能で退避できるので、柔軟な運用が可能だ。

 取引先の会社名や担当者の情報を登録し、書類を郵送する場合は住所も登録する。基本的に左側の「書類」メニューにある+ボタンをクリックすることで、それぞれの書類の新規作成が可能だ。取引先を登録したら、とりあえず見積書を作成してみよう。

「取引先」の横にある+をクリックして、取引先を作成する

会社名や部門などを入力する

「見積書」の横にある+をクリックする

登録した会社が表示されるので選択する

詳細を入力する

「PDFをプレビュー」をクリックする

プレビューがポップアップし、イメージを確認できる

「保存」をクリックすれば、見積書が完成

 筆者のようなライターの場合、1つの会社の中で複数の担当者へ書類を送ることがある。そんな時は「連絡先を追加」から登録できる。会社を選ぶと、連絡先のプルダウンメニューから担当者を選択できる。最大10社の縛りがあるが、担当者が何人いても1社のカウントなのでありがたい。

担当者を追加するなら会社の「連絡先」から「連絡先を追加」をクリック

肩書や名前などを入力して「連絡先を保存」をクリック

取引先を選択した後、「連絡先」のプルダウンメニューから選択できる

 個人プランだと10社が上限となる。しかし、「アーカイブ」機能を使うことで、やりくりすることもできる。たとえば、しばらく取引のない会社をアーカイブすると、その分新たに取引先を登録できるようになるのだ。必要になるたびに、アーカイブしたり、アーカイブから戻したりすれば、理論上は何社でも利用できることになる。ただし、アーカイブしている取引先は、売掛金管理や予想売上高、売上報告といったレポートに反映されないので注意が必要だ。

 もし10社以上の取引先を利用するなら、法人プランにするといいだろう。基本料金が800円になり11社以上の取引先ごとに数十円/月がかかるが安いものだ。

11社以上個人プランで登録しようとするとアップグレードを進められる

取引先を選択して「取引先をアーカイブ」をクリックする

指定した取引先がアーカイブされ、新たに取引先を追加できる

11件目が登録できた。取引先件数に余裕があれば「アーカイブされた取引先」から取引先を戻すこともできる

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ