このページの本文へ

さまざまなキャラクターと暮らせるプロジェクトの第1弾

初音ミクと共同生活できる、Gateboxの「Living with」プロジェクト始動

2017年08月14日 14時50分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gateboxは8月8日、バーチャルホームロボット「Gatebox」において、「Living with(リビング・ウィズ)」プロジェクトを始動したと発表。第1弾として、クリプトン・ フューチャー・メディアが展開するが展開するバーチャル・シンガー「初音ミク」が登場する。

 Gateboxは、プロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができるというもの。朝に起こしてくれたり、夜に帰宅すると優しく出迎えてくれたりするほか、ネットや家電との通信により、天気情報を伝えてくれたりテレビをつけてくれる。。

 Living withプロジェクトは、画面の向こうにいる存在であったキャラクターをGateboxに出現させ、一緒に暮らすことを実現するプロジェクトだ。オリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」だけではなく、同プロジェクトを通じて、さまざまなキャラクターがGateboxに登場する。

 第1弾の初音ミクとのコラボレーションでは、2018年3月9日からGateboxに初音ミクが登場するほか、幕張メッセで9月1日から9月3日開催予定の「マジカルミライ2017」への出展が決定している。

プロジェクト名「Living with 初音ミク」

 Gateboxのブースにて、今後の展開に先駆け、Living with 初音ミクの一部を限定で体験できるという。体験会の参加方法はLiving withページを参照してほしい。

Gateboxに登場する「初音ミク マジカルミライ2017Ver.」イメージ図
Gateboxブースイメージ図

 また、Living with 初音ミクの始動を記念して、Gateboxを39台限定で追加販売する。予約方法については、後日Living withページにて発表するという。

IoT/ハードウェアのスタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンスイベントの第4回
IoT&H/W BIZ DAY 4 by ASCII STARTUP

 2017年8月28日(月)にベルサール飯田橋ファーストにて、ハードウェアやIoTプロダクト関連のスタートアップ関連事業者から大手企業まで、toB・toCを問わない、ビジネスカンファレンス&ブース展示の交流イベントを行ないます。カンファレンスセッションと無料の展示ブース入場チケットはお申し込み絶賛受付中です!
■■イベントの参加登録はコチラから!イベントレジストPeatix■■

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ