このページの本文へ

劇場でもない、自宅視聴でもない

好みの映画を誰でも上映 マイクロ映画館サービス「popcorn」

2017年04月11日 09時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マイクロ映画館サービス「popcorn」。上映会や即席映画館など、自主上映のハードルが下がる

 ポップコーンシアターは4月10日、だれでも映画館をつくれるサービス「popcorn(ポップコーン)」を4月22日に開始すると発表した。

 映画作品は権利許諾や費用の問題で、個人の上映が困難だった。popcornはそのような障壁に対して、権利処理済の作品を簡単に上映できる環境を提供する。また、全国でのロードショーが終わった作品を永続的に上映できるという。初期費用は無料で、上映料は入場者数に応じて決まる。

 権利元は作品をpopcornに預けることで、自主上映会ごとの問合せ対応や管理、作品ディスク発送といった手間を省略できる。上映会参加はウェブによる事前決済が前提で、観客数がリアルタイムでわかる。

サービスのしくみ
上映場所や作品は公式ホームページで随時更新される

 同サービスを主催するナカムラケンタ氏と大高健志氏は「映画館が生まれて100年以上、決められた時間に訪れてチケットを購入し、知らない人たちと肩を並べて見たあとはそれぞれ帰る、という体験が大きく変化することはありませんでした。一方、インターネット配信などで、映画を見る方法は多様になりました。ただ、それはあくまでプライベートで鑑賞する選択肢が増えただけです。テクノロジーの進化で、もっと“みんな”で楽しむ新しい鑑賞体験が生まれてもいいのではと思っています」と、劇場とも個人視聴とも異なる上映スタイルの特長を語っている。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ