このページの本文へ

MDK-Professional、MDK-Plus、MDK- Cortex-Mの3種類を取り扱う

「ARM Keil MDKマイクロコントローラー開発キット」スイッチサイエンスで取り扱い開始

2017年01月24日 11時51分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スイッチサイエンスは1月23日、英ARMの国内正規販売店として、製品である「ARM Keil MDKマイクロコントローラー開発キット(Keil MDK)」の取り扱い開始を発表した。取り扱いは1月19日より開始している。

 Keil MDKは、ARM Cortex-M、Cortex-R4、ARM7、ARM9プロセッサーを搭載したボードを対象とした統合開発環境。応用範囲が広いマイクロコントローラーの開発に対応するため、MDK-Professional、MDK-Plus、MDK-Cortex-M、MDK-Liteの4種類を用意。目的や用途に最適な開発環境を揃えられるとしている。

 スイッチサイエンスでは、無償で提供されているMDK-Liteを除くMDK-Professional、MDK-Plus、MDK- Cortex-Mの3種類を取り扱う。

 また、それぞれに使用環境に応じた3つのライセンスが用意されている。詳しくはコチラを参照してほしい。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ