このページの本文へ

声優・田丸裕臣の今すぐ買いたいイケてるアイテム 第1回

ポケモンGO、駅メモなどに最適なモバイルバッテリー選び

2016年11月26日 12時00分更新

文● 田丸 裕臣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Ingressとのコラボモデル
Anker「Ingress 16000mAh PowerCube」

Anker「Ingress 16000mAh PowerCube」

Ingressのロゴがカッコイイ! USBポートが2つあるので2つの機器を同時に充電できます

実測で316g。おや、カタログ値より重いですね

専用ポーチが付属しています。本体表面が光沢処理してあるので、こういう付属品はポイント高いです

付属のUSBケーブルも青色です。芸が細かい! ちなみにもう一方の勢力側だとケーブルは緑色です

スペック
バッテリータイプ リチウムイオン
容量 16000mAh
出力 5V/3A
入力 5V/2A
サイズ 150×62×22mm
重量 約296g
販売価格 5480円 (アスキーストアで購入

 このあたりからはディープなガジェット好きにオススメのバッテリー。容量はドーンと大満足な16000mAhになります。

 最新のスマホも約5回分充電できるくらいの大容量! そしてこのモデルのウリは、ポケモンGOの開発会社Nianticが配信している人気アプリIngressとのコラボモデルということ!

 ポケモンの勢いに押されつつもいまだユーザーの多いIngress。デカデカとロゴが入っていて、ファンなら重さも容量も気にしないで即買ってしまうほどのかっこよさ!

 「どうせならバッテリーもIngressにこだわりたいなぁ……Ingressのロゴとか入ってるバッテリーがあったらなぁ」と思ってるそこのあなた、安心して下さい。ありますよ、結構前から! IngressもGPSを使うだけあってなかなかのバッテリーの消費っぷり。

 だけどこれがあればもう安心。一日中歩いてもおそらく使い切れない16000mAhという圧倒的な容量! と、ここまでは褒めちぎりましたが、おわかりのとおりデメリットもあります。重いです。デカいです。サイズだけで大半の方は持ち歩きに躊躇してしまうでしょう。

 でも、私はこういうニッチな層を満足させようという商品が嫌いじゃありません。むしろ好きと言っても過言じゃない!

 それに、ひたすらロゴを推しまくっておいてなんですが、機能性もバッチリです。USBの給電ポートが2つ付いているのでタブレットとスマホへの同時充電が可能なうえ、それでもまだまだ容量には余裕があります!

 加えて言うなら、布製のケースもついているので無造作にバッグにも入れやすい。こういう心づかいもいいですよね、せっかくのコラボモデルですし!

 端的に言うと16000mAhのバッテリーは、Ingressを超絶好きな方や、スマホやタブレット、はてはデジカメや電子タバコなど、充電が必要な複数の機器をお持ちの方にオススメです!

使い切るのが大変!
Anker「Astro E7 25600mAh」

Anker「Astro E7 25600mAh」

Galaxy Note 4とほぼ同じ大きさです。手のひらに収まりませんね

実測で482gでした。ノートPCのバッテリーとほぼ同じ重さなので、長時間持つのはつらいです

専用ポーチが付属するのはうれしいのですが、白い本体に黒いポーチなのが残念。色は統一してほしかったなぁ

使ってみて気になったのが、表面の光沢処理がホコリを吸着しやすいこと。白だと目立ちます

スペック
バッテリータイプ リチウムイオン
容量 25600mAh
出力 5V/4A
入力 5V/2A
サイズ 166×80×22mm
重量 約450g
販売価格 8999円 (アスキーストアで購入

 そして最後に来ますよ、大物感たっぷりの25600mAhのバッテリー。もうね、ラスボス感ハンパじゃないです。ここまできたら「普段使い? ちゃんちゃらおかしいわ(笑)」ってくらいの大きさと容量。 空母ですよ空母。

 デザインは電池残量ランプとメーカーロゴがあるだけのシンプルなデザイン。サイドについているライトは懐中電灯の変わりにもなるので、いざって時にも安心です。

 そして圧巻の容量は、大半のスマホを約10回分充電できるほどの大容量で、USBポートも3つ付いていて3台の機器に同時充電可能! いやー充電しても残量ランプが減らない減らない。

 これ1つ持って歩けば「電池なくなったらどうしよう」とか一生思わないと思います。それに特筆すべきは、人によってはバッグに入れているだけで筋トレにもなるくらいの重量。バッテリーの安心感と共にダイエットもできちゃうかも!

 ……えぇ、ちょっと混ぜ込んでみたんですよ。ポジティブな感じで言ってみようかなって。そう、極端に重いんですよ。

 約0.5kgあるので、これが加わるだけでバッグがかなり重くなります。普段使いは厳しいかな?

 使い方としては、少し極端になるのですが海や山、キャンプなどのアウトドアとか、災害に備えて常備しておくとか、そういった形だったら大活躍するかなと思います。USBポートの数的にも複数人で使えますし、サイドについている懐中電灯的なライトも活躍できるはず!

 注意点としてはモバイルバッテリーへの充電がとにかく時間がかかるということ。満タンに充電するまでにおおよそ1日ほどかかります。

 総評すると、25600mAhのバッテリーはアウトドアとか大好きな人、停電などいざという時に備えておきたい人。あ、あと筋力に自信のある方にオススメ!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン