このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

声優・田丸裕臣の今すぐ買いたいイケてるアイテム ― 第5回

新型PlayStation VRでVR初体験

2017年11月18日 15時00分更新

文● 田丸 裕臣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どーも、声優・ナレーターの田丸裕臣です。唐突ですが皆さん、お買い得って言葉、いいですよね。誰だってお得に買い物したいですし、「え? これがこの値段で!?」とか大好きなはずです。そんな皆さん、チャンスですよー。

 なんと、先月10月14日にSIEから発売された新しいバーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」(以下PS VR)は、それまでに発売されていたPS VR単品と同じ価格なんです。

 「なーんだ同じだけ?」と思っているそこのあなた! それだけじゃありません。以前だと別売りか、もしくは少し価格の上がった同梱版を買うしかなかったポジショントラッキング用(後述)の「PlayStation Camera」を加えて、同梱版にした上での据え置き価格なんです。まぁお得!

10月14日に発売された新型PlayStation VR(型番:CUH-ZVR2)。プレイには別途「PlayStation 4」が必要です

 ですが皆さんこれだけじゃありませんよ! 従来品よりわずかではありますが軽くなりました。わずかとは言っても頭につけるものですから、少しでも軽いほうがいいですよね? もしかしたらこのわずかの差が肩こり解消の要因には……ならないか。

 そしてユーザー的にかなりのストレス軽減になるのが配線回りの改善です。今までコード上にあるリモコンにステレオ端子がありましたが、新型ではステレオ端子がVRヘッドセット後部に配置されたことで、配線の煩わしさが解消されました。

新型ではステレオ端子がVRヘッドセット後部に配置され、イヤホンのコードが邪魔にならなくなりました

 さらに、音量ボタンも本体に追加され、旧型のようにヘッドセットをつけて周囲が見えない中で「メガネメガネ…」の如く配線上の音量ボタンを探さなくてもよくなったのがかなり便利。

新型では本体底部(写真左下)に音量ボタンが追加されました

 あと僕も後で気が付いたのですが、音は部屋の音響システムを使って迫力あるサウンドを聞きたい、という人はそちらから音を出すこともできて、その際邪魔になってしまうイヤホンもイヤーピースホルダーですっきり収納できます。

イヤホンもイヤーピースホルダーに収納できます。イヤホンがプラーンと垂れ下がらないようになっているあたり、よく考えられています

 さて、最初に価格のことに触れておきながら、ここまで某通販番組のように実際の価格を引っ張りに引っ張ったのにはワケがあります。

 某通販番組みたくしたかったんです! ということでお値段は、税抜希望小売価格4万4980円です。普通ならここでタレントさんや芸人さんの「え!?」とか「これだけ入って!?」とか「信じられなーい!」とか入るんですけど、いやいや、信じられますよ。普通に金額で考えて約5万円は高いですからね。

 とはいいつつもです、高く考えるか安く考えるかは個人によります。結論から先に言うと、全部セットになった新型PS VR(PS4本体除く)僕的には妥当です。なぜかはこれから書きます。

 やー、毎度のことながら助走が長い長い。くだらないこと書かないと筆が走らないんですよね僕。よし、また脇道それてないで本題いきましょう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン