このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

声優・田丸裕臣の今すぐ買いたいイケてるアイテム ― 第8回

家の鍵をスマホで操作できるスマートロックが便利すぎる

2018年08月25日 12時00分更新

文● 田丸 裕臣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
声優・ナレーターの田丸裕臣です

 皆様ご無沙汰しております、声優・ナレーターの田丸です。前回の記事からだいぶ時間が経ってしまいましたが、それには理由があります。私事ですが、なんとこのたびワタクシ……引っ越しました。

 あ、ちょっと待って! 記事に興味なくさないで! 何だそれくらいと思う方もいらっしゃるでしょうが、実は俺の人生においては結構大きなことだったんですよ。なにせ一人暮らしを初めて以来11年住んでいた場所から引っ越したわけですから。

 そんなこんなで、物件探しやら引っ越しの準備やらでバタバタしつつ余裕がない状態。でもそろそろ次の記事も書かなければいけない。次のネタが決まらなくて悩んでいる最中に担当編集から連絡をいただき打ち合わせをしたのですが、「それならせっかくだから家に関係したガジェットにしましょう」という、編集さんの神の一手のごときご提案をいただき即決!

 今回紹介する製品は「Qrio Lock」です。スマートロックと言っても大抵の人はピンとこないかもしれませんが、簡単に言うと自分の家の鍵をスマートフォンのアプリで施錠・解錠してしまう機器です。

スマホで鍵を操作できる「Qrio Lock」

 「え、鍵くらい別に普通に開けるからいいよ」と思っているそこのあなた。そんなあなたに言いたい。Qrio Lockに慣れると普通の鍵はほとんど必要としなくなるので、生活の一部がガラッと変わりますよ! なによりスマートに鍵を操作する俺ってカッコイイ!

 ということで、使う前はさほど便利さを理解していなかった俺が、使ってみたらめっちゃ便利だった体験談を書こうと思います。

 まず、買う前に不安になるのが、「うちの鍵に合うんだろうか?」ということだと思いますが、Qrioのウェブサイトには日本の住環境に合わせさまざまなドアロックに対応した形を追求していると記載されています。

 事実、さまざまな鍵に合うようにサイズ調整用のアタッチメントがたくさん入っていました。ちなみにうちの鍵は、アタッチメントを使わないノーマルの状態ですんなり付きました。

アタッチメントを付けることで、ほとんどのドアに取り付けが可能です
サムターンにかぶせるパーツも、大、中、小が同梱されています

 本体は、付属の両面テープでドアに貼り付けるのですが、テープにもかかわらず不安定さはなく、しっかりと付きます。今回試させてもらったQrioは7月に発売されたばかりの新型で、両面テープの接着も旧型に使用していたものから改良されており、従来のものよりさらに剥がれにくくなっているそうです。

本体を付属の両面テープでドアに貼り付けるだけ。チョー簡単です

 設定も驚くほど簡単で、アプリをダウンロードしてアプリ内の説明通りに進めていけば、Qrio Lockの設定や、スマートフォンとの連携など、面倒そうに思えるものが10分程度で終わってしまいます。多くの人は導入が面倒だと敬遠してしまいがちですが、これだけ簡単なことがわかるとハードルが少し下がります。

Qrio Lockの設定はアプリでいつでも変更可能です

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン