このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

声優・田丸裕臣の今すぐ買いたいイケてるアイテム ― 第4回

この夏に欲しいスマホはXperia XZ Premium? それともGalaxy S8+?

2017年07月23日 15時00分更新

文● 田丸 裕臣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
声優の田丸裕臣です

 どーも! 声優・ナレーターの田丸裕臣です。季節も春から夏になり、この時期雨も多くなってきましたね。洗濯物も部屋干しで生乾きの臭いがしたり……最近困っていませんか?

 ということで今回は最新のスマートフォン「Xperia XZ Premium」と「Galaxy S8+」です。 え? 前振りなんだったのかって? もうあれです、部屋干しの臭いとかで困っている方は柔軟剤とかで誤魔化しましょう!

 最初に申し上げておきたいのですが、今回の記事は別に「Xperia vs Galaxy」というわけではありません。それぞれに一長一短あり、おのおの合った端末を選べばいいと思いますのでその点を考慮してお読み下さい。

今回は最新のスマートフォン「Xperia XZ Premium」と「Galaxy S8+」をレビューします。個人的に今すごく気になっている2台なんです

虹彩認証ってワクワクしますよね!
Samsung「Galaxy S8+」

 まずはGalaxy S8+です。内容に関してですが、CPUのベンチマークだの筐体温度だのは他の方々の記事でいくらでもあると思うので、ぼかぁーそんな事はしません! あくまで素人目線で、使い勝手優先で書きます。

 とは言いつつちょっと寄り道。S8+が届いた時に、化粧箱に入って届いたのですが、ただの箱ではなく、横に開くところもガジェット好きの所有欲を満たしてくれますよね。形から入るの大事です。

箱とフタが一体化していて、横に開く感じで開けます。細かなことですが、製品に触る前からワクワクさせてくれます

 いやー、Galaxyは前回のS7 edgeの頃から気になってはいたのですが、店頭で見つつもやはり湾曲画面の表示が気になり中々手を伸ばすところまでは至りませんでした。

 ですが、今回のS8+も画面が湾曲しているもののS7 edgeほどではなく、触って間もなく画面には慣れました。

Galaxy S8+

 持ってみて気付いたのですが、6.2インチという大画面でありながら、素晴らしく手にフィットします。通常のスマホより縦長で、独特の丸みを帯び、ベゼルを極限まで削ったこの形状は、持ちやすいことこの上ない。

 液晶には有機ELを使っており、色の表示が鮮やかで電池持ちがいいです。ちなみに、電池持ちがいいのは、黒を表示する時はあまり電池を使ってないからです。

 バッテリーは3500mAhで、最近のスマートフォンが3000mAh前後のものが多いことを考えると納得の大容量。ちなみに僕が3時間程いじくり倒しておおよそ25%くらい減ったかな? って感じでした。

 ただ、やはり画面&バッテリー容量が大きいのでそこそこの重さはします。男性なら気にならないとは思いますが、女性だと長時間持ってると疲れてしまうかな、と思います。

 そして、何を隠そう! てゆーかどう頑張っても隠せないこのベゼルの狭さ!

 ベゼルというのは、大まかに言うと画面上下左右にある縁です。過去ここまでベゼルの狭い端末を私は見たことがありません。そのおかげで73×160mm(横はiPhone 6sより少し大きいくらいです)という大きさでありながらの、この大画面です。

ベゼルが極端に狭いので、画面が大きく見えます小説を読む際にも、一行の文字数が通常の文庫本サイズ並です

 ですが、これだけ画面が大きいとユーザーの懸念材料として、落とした時に画面割れやすいんじゃないか? というのがあります。とはいえ、心配し過ぎてもしょうがないんです。どんな端末でも割れる時は割れます。心配ならなるべく落とさないようにするか、厚めのカバーでなんとかしましょう。というか、さすがに落下検証まではできません、もったいなくて。

 セキュリティ面においては、最近ではスタンダードになった指紋認証に加え、顔でロック解除してくれる顔認証、瞳の虹彩でロック解除してくれる虹彩認証なんてのまでありました。

 このロック解除で、個人的にちょっと使いづらいかな? と感じたのは、指紋認証解除ボタンが背面のカメラレンズの脇にあり、何度かレンズを触ってしまったり、バランスを崩して落としそうになるってことと、虹彩認証による解除が環境によってうまくいかなかったりしたことですかね。虹彩認証は、スパイ映画などでしか見たことがないので、やってて楽しかったです。

背面のカメラレンズの脇にあるのが指紋認証解除ボタン。何度かレンズを触ってしまったり、バランスを崩して落としそうになりました

 あと驚かされたのが動画の迫力です。下の写真のように画面サイズの合ってない動画も、画面のボタンを1つ押せば自動で調整してくれるのです。

液晶のサイズに合っていない動画を再生すると、黒い帯が見えてしまいます
ワンボタンで自動でサイズを調整してくれます。多少上下は削られますが、僕は細かいことは気にしません、O型なので。むしろ黒い帯がある方が気になるので、これは重宝します

 ソフトウェアの面で言うと、ホームでアイコン長押しでアプリのアンインストールができたり、文字入力キーの大きさを調整できたり、画面の下にある、戻る、ホーム、タスクボタンを固定したり外せたりするなど、かゆい所に手が届く、ユーザー目線に立った配慮が多々見られました。

 カメラの性能は多くの方が気になると思うので、画質比較をXperia XZ Premiumのレビューの後に、まとめてあります。

 Galaxy S8+に関して最後に言っておきたいのは、もう少し価格が安ければ! というところですね。ストレージ容量などで差別化して、もう少し安く買い求められるようにしてほしかったです。まぁでも、これだけの機能を搭載しているので、価格が上がってしまうのは仕方ないですかね。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン