このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第205回

「GeForce GTX 1050/1050Ti」は低予算ゲーマーの財布をこじ開けるか?

2016年10月25日 22時00分更新

文● 加藤 勝明 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BF1で中~やや重めのゲームでの傾向が見えてきたので、似た重さのゲームではどうなのか検証してみよう。まずは超人気作「Overwatch」を使用する。

 画質はプリセットの“エピック”、さらにレンダー・スケールを100%、テクスチャー品質を“高”(この2設定はGPUにより初期設定値が変わるため)に設定した。マップ“King's Low”でのカスタムゲーム中におけるフレームレートを「Fraps」で計測した。

「Overwatch」1920×1080ドット時のフレームレート

「Overwatch」2560×1440ドット時のフレームレート

「Overwatch」3840×2160ドット時のフレームレート

 乱戦になることの多いテストであるためか、最低fpsはBF1よりも辛い結果になっているが、平均fpsの傾向はBF1とほぼ同じ。GTX 750TiでもなんとかフルHDならエピック画質プレーは可能だが、GTX 1050ならほぼ1.6倍のフレームレートが出せるという点まで似ているから驚きだ。

 今回は解像度を3通りで試してみたが、最高品質を目指すなら解像度の上限はフルHDまで、解像度を上げるには画質の犠牲が必須というエントリーミドルの宿命というべきパフォーマンス推移もみてとれる。

 最後にOpenGL版「DOOM」で検証する。画質はプリセット“ウルトラ”に異方性フィルタリング16xを追加している。キャンペーンマップ「ファウンドリー」移動時におけるフレームレートを「Fraps」で計測した。

「DOOM」OpenGLモード、1920×1080ドット時のフレームレート

「DOOM」OpenGLモード、2560×1440ドット時のフレームレート

「DOOM」OpenGLモード、3840×2160ドット時のフレームレート

 BF1やOverWatchよりもフレームレートが高めに出た。GTX 1050Tiなら余裕どころか、WQHDでのプレーも見えてくる程度、GTX 1050でも平均60fpsに近い性能が出ている。

 ただこのゲームの場合、GTX 750Tiもそこそこのフレームレートを出しているため、GTX 1050のアドバンテージは相対的に低くなってしまっている。

 今回は締め切りの関係から旧機種との比較はできなかったが、今回入手したGTX 1050/1050Tiカード3枚が「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」公式ベンチでどの程度のスコアーを出せるかもチェックしてみた。画質は“最高品質”、解像度はフルHDとWQHDのみで計測している。

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」公式ベンチマーク、DX11モードのスコアー

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中