このページの本文へ

ASCII STARTUP週末かわら版第33回

ソラコムカンファレンスの展示コーナーほか

生活で使うちょい先のIoT製品は今こんな感じ

2016年07月16日 07時00分更新

文● ASCII STARTUP編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

編集部でのこぼれ話を中心に、この先のスタートアップ関連の動きをおさらい! 記事にする必要のない余計な情報、ウラ話を中心にゆる~くお届けします。

鈴木:こんにちは! 2日連続で豪雨にあいました。傘を持たない晴れ男の鈴木です。

北島:今週外出ばかりだったのですが、打ち合わせもVRで済むものがあればと思ってしまうところがありますね。湿りすぎ。

盛田:前の座談会で話してた雨傘ドローンほしいよね本当に。むしろ富士見全体を巨大なドローンで覆い尽くしてほしい。インデペンデンス・デイ雨傘。

鈴木:チャレンジしたいドローンベンチャー、出てこい!

北島:ドローンといえば前に購入したDJIファントムってそういえばどうでした?

盛田:飛ばせるところがなくてお蔵入りしてますね……。東京都内だと難しいです。前に聞いた話だとクルーザーもってるおじさんが自分の船を撮ってるっていうのね。この話しましたっけ?

北島:そういう人、都内には多そうですね。モノとしてせっかく買ったのに。クルーザーもっている人は特別ですよね。

盛田:逆に言うと間違えて落っことしたとき被害が出ないのは海の上くらいだっていうこともあるかもしんないけど。イタリア船もってる知り合いの社長さんにすすめておきました。

鈴木:新婚旅行世界一周でドローンもっている人が話題になっているね。うちでも出張にはもっていくと何かできるのでは。

盛田:船で出張……なんかあるかな……海に浮かんだビーコンを撮りにいくとかそういう……

北島:でも撮影できるのは海上の写真だけなんですよね。ナショナルジオグラフィックの空撮コンテストの浜辺とかはめっちゃ綺麗だったけど。これまで行けなかった場所かつ安全に撮影できる=海なんですね。

盛田:まあそうね。そういう意味だとCCPが出してる潜水艦ラジコン、あれがドローンとして自律動作してくれるような本格的なのが出てくると楽しそうな気がする。水中はまだ自由があるのでは。

北島:これかな? 普通にほしい!

■関連記事

盛田:スタートアップはぜひ海に行きましょう。ドローンの力でウナギやタコを乱獲から救いましょう。

ソラコムカンファレンスはすごかった

北島:さて今週もソラコムカンファレンスとか、いろいろあったと思いますが、お土産話を聞かせてください。

鈴木:ソラコムカンファレンスはすごかった。人も多かったですし、完全に一大プラットフォーマーになっていました。サードパーティーの展示もソリューションでびっしりと埋まっていましたし。このあたりはスタートアップチームからは少し離れていますが、テックチームががっつりと。

盛田:うおおおお行けなかったあああああああああああ悔しいいいいいいいいいいいい……

北島:イビサさんが濃い記事を出しているのでソラコムの動きはこちらで。まごチャンネルをおばあちゃんに直接届けに行くシーンから始まっていて、泣ける感じだったらしいですよ。

■関連記事

鈴木:会場では生活の中のIoTをテーマにしたブース展示があって、そこにはスタートアップのハードウェア製品がずらっと並んでいましたよ。

盛田:まごちゃんねる!

北島:テレビにつながってる! 展示会のなかで家庭内でできるIoTまとめみたいになってますね。右側は何かな?

鈴木:右側にチラッと写っているのは、『iRemocon』ですね。部屋のエアコンなど家電をコントロールする製品です。

盛田:記憶容量リモコンコード800件ってすごいですね……ていうかそんなリモコン種類あるのか。

北島:ガラパゴス対応なのかしら。

鈴木:あとは気になっている、アレも展示されていましたよ。

盛田:これは車載スゴイデバイス=サン!ピレニー社のピレニードライブスクリーン!

北島:おおー、こちらもいよいよ発売が近いということですね。

鈴木:スケジューリングは見えているみたいですね。続報を待ちましょう。

盛田:こんだけICTまわりが一堂に会することもなかなかないですな。貴重な機会。

鈴木:展示会の中で、この一角だけがコンシューマーだったんだけど、10社くらいの製品は展示されていたかな。では、もうひとつ。

盛田:えっ、まさかこれ。

北島:なんかおなかにくっついてますね。そして上下の合わせがすごいですねこれ。

鈴木:みんな大好き、D freeですよ!

■関連記事
「うんこが漏れない世界を」世界待望のデバイスDFree予約開始 中西敦士代表インタビュー

盛田:やっと展示したのかー!!ぜんぜんこういう展示会に出してる印象なくて開発大丈夫なのかと思ってたよトリプルダブリュー。試作機できたら世界最速レビューさせてもらう約束ですからね。

北島:10分後にくる!というのがわかる新世界を体感する記事待ってます。

盛田:みんな好きすぎですけどね。

鈴木:これとバカンのサービス組み合わせて、トイレのタイムマネージメントサービスとかできるかな……。

盛田:なんですかトイレのマネジメントって……

北島:いったい何をマネジメントするんですかね。

鈴木:空き時間と出る時間とわかるので。

盛田:大腸を通じてグローバルにつながるサービスということですかね。21世紀、インターネットは神経と脳の模倣ではなく、大腸と体のつながりをもとにしたアルゴリズムになっていくのです。

北島:腸内フローラとIoTが結びついてもいいですね。

鈴木:ちなみにソラコムカンファレンスの展示で補足ですが、これらの展示製品にソラコムのSIMが導入されるとか、今後SIMを使う製品になるなど、決まっているからの展示ではないとのことなので、ご理解を。あくまで生活の中で使うIoTをイメージした展示とのことです。

盛田:いわゆるM2M SIMってやつですね。今後どうなるか楽しみではあります。

北島:かわいいところで、ラズパイ×ソラコムで作る植物観察キットの販売とかもあるみたいですね。

リリースピッチに行ってみた

盛田:わたしはリリースピッチというのに初めて行ってきましたよ。納富さんとスタートアップ2社、あと日経の記者さんとわたしという超少数の集まりでしたけど。

鈴木:わたくしが2回連続で行けなかったので、どうやら、そちらに話が行ったのですね。

盛田:そういうことかっ!Facebookで納富さんからお誘いいただきましたけど。

北島:少数精鋭で濃い感じでした?

盛田:めちゃ濃かったです。来ていただいたのは音声認識クーポンサービスやってる「アイコトバ」、スマホのバーコード読み取りサービスやってる「Payke」(ペイク)の2社だったんですけど。

北島:アイコトバ、面白いですよね。

ASCII STARTUP週末かわら版

アイコトバ

鈴木:おお、アイコトバ。今後、おもしろい展開があると聞いていたんですが、具体的に聞けたんですかね!

盛田:リリースそのものはまだ先なんですが、なかなかおもろいですよ。「合言葉をしゃべる」技術を応用したコンシューマー向けサービスを作っている、ということまでなら書いていいはず。

鈴木:おおっ、ではわたくしもだんまりしておきます。

盛田:お楽しみに。Paykeさんはわたしも初めてでした。これが面白いんだ。中国人観光客がドラッグストアとかに来るでしょ、製品を手にとる、アプリでバーコードをスキャンする、そしたら中国語の説明が出てくる。ざっくりそんなサービスをやっているところです。

Payke

盛田:「沖縄の物産展ではほぼすべての商品に導入実績があります」と言っていて、なぜ沖縄……と思ってたら、じつは沖縄発のベンチャーなんですってね。もともとは貿易会社にいたお兄さんが、日本の製品を海外向けに売るためのしくみを作ろう、とスタートしたのがはじまりだったようです。

北島:商品情報とか中身って、JANコードで簡単に集まるものなの?

盛田:それがなかなか考えられてるんですよ、JANコードには流通用の情報、梱包基準の情報くらいしかなくて、何をしているかというとウェブをクローリングして商品情報を集めているというのね。要は検索サービスみたいなもんなんす。

北島:でもそれで十分なんですかね。

盛田:7~8割はそれで対応できるんだって。で、対応できない製品が出てきたときは、メーカーさんに言って直接入れてもらうようにするんだと。メーカーさんもインバウンドで売っていきたいから、簡単に情報入力するだけならやったるぜ、というので入力してくれるわけです。CGM型ですね。

北島:こういうの、将来的にはコードじゃなくて画像認識とかになってくれると個人的にはうれしい。

盛田:それも話はあったんだけど、まだ精度の点で問題があるのと、「実物をスキャンする」概念が理解されないことで、まずは「バーコードをスキャンする」というのがとっかかりとしていいみたい。

北島:なるほどね。いきなりそっちはいかないかー。

盛田:いままでもARモノはいろいろ出てるけどね、バーコードの場合、既存の製品データベースにそのまま直結させられるというのが強みですね。そんでリリース内容そのものは7月20日発表、某大手通信キャリアと一緒になんか変なことをやるぞというものでした。ご期待ください。

北島:通信自体がコモディティ化していく流れなんですかね。そういう連携、最近とみに多い。

盛田:これはオマケなんですけど、アイコトバの社長さんもじつはもともと某大手とPaykeみたいなバーコード読み取りサービスをやろうとしたことがあったそうですよ。はるか昔、まだガラケーの時代に。そのときはワケあって実現できなかったそうですけど。

北島:誰しも考えることってやつですかね……。

盛田:時代と技術が発想に追いついた、みたいな話かもしれないですね。人工知能とかもそうだけどインターネットがデータベースを作ってくれたことでできることが爆発的に増えた。

北島:ASCIIがネタに困らないのはいいことです。

夏は新発表ネタが多い件

北島:そういえば最近セミナー関連の情報最近出せていませんが、そろそろ大きな動きもまたASCII STARTUPはやる予定なので、お楽しみにですね。私は来週モノばかりなので、なかなか言えないんですが、いろいろありますよ! そして最後に今後の予定。複業LIVEいって、あとはSupernovaデモデイいってきます。

鈴木:わたくしも来週は似たような感じで、行きたいところはあるんですがね……。

盛田:来週はPaykeさんの発表を某キャリアの某発表会に見に行くくらいですかね。行けるかな。

北島:なるほどそうですか。

鈴木:スケジュール次第ですが、ソフトバンクワールド行きたいなー。

●今週の一言
盛田:思い立って筋トレを始めて1ヵ月、筋肉量が1kg減りました。なぜだ。
鈴木:週末、某世界遺産へ行きます。それまでに『Pokémon GO』の配信はよっ!
北島:筋トレすると必ず風邪ひくんですよね。そして続かなくなる。

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ