このページの本文へ

水槽の熱帯魚をアップで撮影可能

ドローン空撮の次は水中撮影!? カメラ付き潜水艦「サブマリナーカメラ」

2016年04月15日 15時00分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シー・シー・ピーは4月15日、カメラ付きの赤外線リモコン潜水艦トイ「サブマリナーカメラ」を発表。4月28日に発売する。

 リモコン潜水艦にカメラを内蔵。30万画素の動画(640×480ドット/30fps、最長約5分間)または120万画素の静止画(1280×960ドット/JPEG、約800枚)を撮影可能。操作は赤外線リモコン方式で、左/右/後進、潜航/浮上の操舵が可能。操作距離は屋内約2m。

本体前面にカメラを内蔵
スクリュー2基で操舵する

 カメラ両側にはLEDライトを装備するほか、本体前部に「エサ入れアーム」を装着して水槽の魚を呼び寄せて撮影できる。本体は単3乾電池×2本で約40分動作、コントローラー側には単3乾電池×4本を使用する。

魚をエサを入れるアームLEDライトでも魚を呼び寄せることも可能 
撮影データは潜水艦本体内蔵のメモリー(256MB)に保存されており、付属USBケーブルでPCに接続し再生できる

 潜水艦側の本体サイズは幅78×奥行き112×高さ65mm。重量は約90g。価格は1万778円。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン