このページの本文へ

ASCII STARTUP週末かわら版 第26回

さわやか過ぎてショックも大きい写真サービス

2016年05月28日 07時00分更新

文● ASCII STARTUP編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

編集部でのこぼれ話を中心に、この先のスタートアップ関連の動きをおさらい! 記事にする必要のない余計な情報、ウラ話を中心にゆる~くお届けします。

北島:バックオフィス系スタートアップのセミナーは早くも来週ですが、登壇するKUFUの宮田さんがまたピッチイベントで勝ったみたいで。

鈴木:おおおー、Infinity Ventures Summit 2016 SpringのLaunch Padですね。TechCrunch Tokyo 2015、B Dash Camp 2016 Spring in Fukuokaに続けて大型ベンチャーイベントのピッチで3冠達成ですね。すごい!

北島:かつてはスペースマーケットの重松さんがすごかったけど、ピッチでの営業力大事ですね。今週盛田さんの記事がでてますが、ぜひこちらは見てほしいですね。

■関連記事

鈴木:そして勝ち続けるってところが、重松さんの教えにもあったとおりですね。

北島:5月31日に開催するのは営業力セミナーではないけど、バックオフィスなどのクラウドサービスを始めるスタートアップが、どうやって認知を拡大していくかなども実際聞いてみたいですね。

鈴木:なんたるタイミングでのイベント登壇。これはみなさん、セミナー内容がたとえ、たとえね。少し聞きたいことと違くても、来る価値アリです。話を訊けるだけでもすごいって!

盛田:ものすごく強引だけどたしかに聞きたいですね。成功者の話ですからね。

北島:ありがとうございます。申し込みはまだ可能なので、ぜひ下記よりどうぞ。

日本のEdtechスタートアップが海外へ

北島:先週はSXSW edu2016報告会に行ってきました。

盛田:SXSWだ!気になる。

北島:本番となるインタラクティブの前に開催されている教育関係者向けイベントなんですが、4日間で参加者6000名という規模みたいです。大学院卒以上の関係者が7割とか。

鈴木:場所柄、オースティンテキサス大学のすぐそばですからね。

北島:はい正解。学校関係者の人が集まってくるわけですが、いわゆる投資家向けの展示会だけじゃなく、教育関係者や学生によるツアー参加も認められている一大見本市っぽい側面もあるようです。日本からは、Life is Tech、コードタクト、サカワが参加してどうだったのよという報告を聞いた次第でした。

盛田:SXSWだからEdTechもきらきらしてそう。LEDピカピカしてそう。(※編註:雑すぎです)

北島:今回、EdTech Japanブースは目立っていたみたいです。会場で多かったのはScience, Technology, Engineering and MathematicsでおなじみのSTEM教育関連。Life is Techの新しい教育アプリ、老舗黒板メーカー・サカワがカヤックと一緒につくった黒板にプロジェクションマッピングのKocri(コクリ)、集団授業をサポートするコードタクトのスクールタクト(schoolTatk)などいずれも好評だったようです。

鈴木:目立ってたんですか。やはり、ピカピカして?(※編註:雑すぎです)

北島:早めのカンファレンスが終わったあとの模様は、オースティンの街に繰り出して交流なので、そこはまぁピカピカしてそうでした。結局ビジネスだけど。

鈴木:日本メーカー以外の話、本場の最新EdTechってどんなサービスがあったのかは聞けたんですか?

北島:今回はサービスよりもあくまで取り組み寄りだったのよね。

盛田:なんとなくページを見たかぎりだとファイナリストのAlchemieがおもしろそう。化学がゲームで学べるみたいな感じのやつ。(※編註:雑すg)

鈴木:Expiiってサービスが気になった。個人個人で異なるガイダンスで教えるのかな、チャートみたいな感じで、よくわからないけど。(※編註:雑s)

北島:雑す……来年も日本のEdtechスタートアップを連れて参戦するようなので、気になる人はEdTech Japanへどうぞ。

鈴木:そして、我々も行きましょう。英語EdTechを実践してから……。

買うのはPCから、売るのはスマホのアプリからしかできないフォトストック

鈴木:お次はわたくし、アプリ万博に行ってきました。会場ひといっぱいで盛り上がっていましたよ。

盛田:アプリ万博ってなんすか、世界中のアプリが集まってるんですか。

北島:もともとはアプリ博って形で、スマホアプリから各種PCアプリまで含めての展示会なのかな。会場には面白アプリがあったわけですね。

鈴木:さっそく来週の記事にしますが、『UDトーク』って音声をリアルタイムでテキスト化できるアプリがおもしろかったです。社内会議でも仕込んで、ドヤ顔してみましたが。

盛田:そういえば留守電をテキスト化できるサービスなんてのも最近出ていましたな。

北島:メッセンジャーアプリを音声読み上げってやつですね。にしてもこれはおもちゃとしては十分。

鈴木:あとは『スナップマート』というフォトストックサービス。写真を売買できるものなんですが、写真を買うのはPCから、写真を売るのはスマホのアプリからしかできないという。

盛田:へええ~~。おもしろい。あえて制限してるのね。

北島:撮影する側のハードル低めなのがいいですね。趣味的に楽しめそう。ただいま賞金1万円のフォトコンテスト開催中ですね。

鈴木:写真も1枚100円から、スマホらしくタテ写真もあるので需要はありそうですよね。

北島:今後は動画とかも始まったりするのかな。

鈴木:最後は『FILEIO』、こちらまだローンチ前のサービスなんですが、我々が使いたくなるようなサービスです。アプリ、ブラウザー上でイラストなどのコンテンツに対して赤入れ修正指示ができるという!

北島:これですね。まだベータ版のようですが。http://fileio.io

盛田:便利~。会社の資料作成とかに使うのかな本当は。いわゆるオンラインストレージですね。

鈴木:そうそうオンラインストレージとメールをがっちゃんこさせたようなサービス。イラストのスケッチの上に「ここの色を変えて」とか指示のコメントを残したり、同様に動画のタイムラインにもコメントできるというもの。イラストレーターなどのクリエーターさんと、クライアント、ディレクターが相互にコメントを付けっていって、納品までチェックできると。

北島:そこまでいくと、ちょっと大変そうだと思ってしまうのはきっと職業病ですね。

鈴木:出版の長い目から見ると厳しい視線になってしまいますが、デジタル納品だともうこういう流れになっていると、そもそもの想定顧客外の意見っぽいですね。

盛田:クラウドソーシングと組み合わさると面白いのかもしんないですね。よってたかって系のやつ。

北島:あ、そっちだと一気に今っぽくなりますね。そもそも関わる人数が違うのかー。脱出版ができていなかった。

さわやかで死人が出るかもしれない写真サービス

盛田:わたしはコロプラネクストさんの渋谷オフィスThe Rootに遊びに行ってきましたよ。5000万ドルをVRにぶっこむファンドとしてVR業界では話題になったところ。

北島:将来見越しているわけですねー。

盛田:そこが学生ファンドもやってるのですけど、ちょっとおもしろいのがLovegraphというサービス。とてもさわやかで死人が出るかもしれないのでリンクを踏む際はご注意ください。

Lovegraph

鈴木:代表のこまげくんが、土曜の平和な昼間にいきなりテレビに出てきて最近驚きました。Lovegraphを使って、林家ペー、パー子夫妻の写真撮ってました。

盛田:それですはい。

北島:これは……! 全部カップルの画像ってのもなかなか思い切ってますね。

盛田:カメラマンにデート写真の撮影を頼めるサービスなのですね。高校生がカメラマンを使って自分たちのデート写真を撮ってもらっているというすごい状態。わたしたちでさえ予算がなくて撮影費用ケチって自分で自分の手とか顔の写真撮っているというのに……。

鈴木:ハイアマチュアカメラマンに仕事の機会を提供していると言いますが、爆発してもらいたいので以前、こんな見出しで記事を書きましたよ。

■関連記事

盛田:これこれ!これ正直ビジネスになるのかよくわかんなかったのですが、リクルートなりマイナビなり結婚系のサービスとうまいことくっついてるというのですよね。頭いい。

北島:しっかりゼクシィとのキャンペーンバナーが入ってます。

鈴木:ここで今週も登場する納富(トミー)さんのイベント、sproutよりご紹介です。

盛田:はっトミーさん。

鈴木:トミーさん、座談会に名前が出ないとその週は仕事をしていなかったという錯覚に陥るらしいです。

北島:ライフサイクルに組み込んでいただき何よりです。

盛田:このごろモーニングピッチ行けてないからトミーさんの名前が出せない…早起きしなきゃ。

大阪市シードアクセラレーションプログラムが始動

北島:さて、来週のスタートアップ関連イベントいかがでしょ。鈴木さんは大阪にべったりとか。

鈴木:大阪市シードアクセラレーションプログラムの会見で、大阪イノベーションハブに行ってきます。どんなベンチャーさんに出会えるか、楽しみです。

盛田:来週はなんだったかな、新しい扇風機を見に行きます。羽根なしダイソン、球形パナソニックを超えるアイデアが出てくるのだろうか。

鈴木:飛ぶ扇風機が欲しい。ピンポイントで当てて!

盛田:エアコンドローン!やばいほしい。行列に並んでいる自分だけのひんやり感。まわりはエアコンのファンとローターの轟音にイラッとする。

鈴木:そういうの考えたことあって、傘ドローンとか欲しい。

北島:プロモーションビデオで終わらなければいいんだけどね。

盛田:ドローンはもっと人の手伝いをする形になってほしいよね。自走式スーツケースとか、自走式カートとかさ。同人誌をいくら積んでも階段上り下りがラクラク!みたいなやつ。

鈴木:家の中でも食べ物とか飲み物持ってきてくれるドローン。

北島:ドローンの定義とはいったい……。

盛田:超ほしい!キッチンワゴンが動けばいいんだな、「ママーおやつは~?」「ドローンにドーナツが入ってるわよ」とか言って……なんで最後にこんな盛り上がってるんですかねこの座談会。

鈴木:横着がイノベーションを生む。

●今週の一言
盛田:来週月曜11時はMakuakeに注目。
鈴木:GODJ PlusがMakuake歴代1位を更新、4000万円ってすごい!!
北島:Makukaeといえば児島ジーンズはいてます。

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ