メルマガはこちらから

PAGE
TOP

ABBALab、試作期のIoT/IoEスタートアップへ投資開始

15億円規模の投資ファンド組成へ

 ABBALabは5月13日、IoTのハードウェアとサービスを開発するスタートアップに対して、主にプロトタイピングフェイズに投資を行う「ABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:株式会社ABBALab)」(以下、本ファンド)を組成し、投資活動を開始した。

 出資者は、Mistletoe、Hon Hai venture capital fund “2020” 、双日、さくらインターネット、その他投資家で構成され、運用期間は10年、ファンド規模は15億円。

 ABBALabはこれまでも、主にハードウェアスタートアップのプロトタイピングフェイズへの投資を行ってきたが、本ファンドでは投資育成活動をハードウェアに限定せず、IoT/IoE領域のプロダクトやサービスのプロトタイプに対して投資を行うことで、本領域でのスタートアップ土壌を耕し、IoT/IoEスタートアップの発掘と播種に努めるという。インフラやソフトウェアも含めた広範なIoT分野が投資対象になる。

 また、投資先にはシェアファクトリーを中心とした試作・製造拠点を育成の場としたアクセラレーション、および成長に合わせたフォローオン投資へ積極的に取り組み、迅速な量産体制の構築やサービス投入を促していく。ABBALabで従来進めてきたスカラシップやフェローの支援も含めて、よりエコシステムの強化をはかる形となる。

 今後は出資者である事業会社・投資家とともに、IoT/IoEを活用した次世代産業を担うスタートアップの発掘・播種・育成を目指し、世界で勝ち抜ける企業群を輩出するとしている。

本ファンドの目的とターゲット

投資フェイズと投資金額

■関連サイト

編集者のオススメ記事