このページの本文へ

IBM BlueHubのOpen Innovation Initiative for Automotive/Healthcareの2つに参画

Planetway、日本IBMの国内スタートアップ事業育成支援プログラムに参画

2016年11月02日 10時00分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
avenue-crossによるクロスインダストリーData Exchangeインフラサービス

 米Planetway Corporationは11月1日、日本IBMの国内スタートアップ事業育成支援プログラムであるIBM BlueHubのOpen Innovation Initiative for Automotive/Healthcareの2つのプログラムに、スタートアップ企業として参画すると発表した。

 Planetwayの強みである、Secure Data Exchangeインフラ「avenue-cross」のデモ構築に向けて、およそ3ヵ月間、40社の大企業およびスタートアップと共に、クロスインダストリー領域での新サービス立案に向けて取り組む。

 avenue-crossは、Planetwayが開発段階にあるIoT領域におけるProject Creation型プラットフォーム「avenue」のコアテクノロジー。ブロックチェーン技術などと組み合わせることで、多様な業種、業界間において、セキュリティーとデータの完全性を証明した状態でデータを相互に参照可能な状態とする。さらに、アクセス履歴の追跡性も実現するとしている。

IBM BlueHubのOpen Innovation InitiativeにおけるPlanetwayのポジショニング

 Planetwayはavenue-crossを活用して、クロスインダストリー領域でデータ連携をする。IBM BluemixやIBM Bluemix上で提供するWatson APIを通じて、新規サービスの開発については協議中だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Planetway Story

製品別検索

PlanetCross

PlanetID

事業別検索

PlanetGUARDIANS

PlanetECO