このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー第24回

1万円前後で24bit/96kHz対応のUSBオーディオが人気なワケ

2015年12月15日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロングセラーにはワケがある
価格以上のパフォーマンスがうれしい

 本製品は、2010年に発売されたUSB Sound Blaster Digital Music Premium HDの後継機だ。スペック上の違いは、ソフトウェア「SBX Pro Studio」の有無くらいで、あとはぼぼ同じである。

 今回、分解はNGだったのでオペアンプなどをチェックできていないが、大きな変更はされていないと思われる。試聴する限りでは価格帯からすると、とてもいい音を出してくれるため、別段ドライバーをインストールしない状態でも満足できる人も多いハズ。

 バランスよく、かつ解像感がいいといった表記になるだろうか。このあたりからもロングセラーになっているワケがわかる。なお、リスニング環境は「AKG Q701」(実売価格 3万円前後)というモニターヘッドフォンを使用。

 接続はWindows側が認識した状態と、ASIOドライバーでチェックしている。ASIOドライバーも本製品用ドライバーに同梱されているので、リスニング環境作りをやりやすい。

 上記しているSBX Pro Studioはソフトウェアコントロールパネルで、バーチャルサラウンドを作り出す「SBX Surround」、圧縮音源の音質を向上させる「SBX Crystalizer」、低周波トーンを加える「SBX Bass」、音量レベルを最適化する「SBX Smart Volume」、映画などの音声を聞き取りやすくする「SBX Dialog Plus」を中心としたもの。

 ゲーム環境向けのものだが、映画やアニメを見るときに設定しておくと、ご満悦度がアップしやすい。とくにSBX SurroundとSBX Bassは違和感が少なくいい機能だ。2.1ch環境以上を組めないのであれば、オススメのものになる。

SBX Pro Studioのコントロール画面 SBX Pro Studioのコントロール画面

 専用ソフトウェアを使用しない場合、たとえばゲーム機とスピーカーの間に挟むにしても、音質を大きく向上させられるため、USB駆動のメリットを活かしやすいのも魅力だといえる。

 もうひとつ、再生リダイレクト。すっかり定番機能のひとつだが、ニコ生などの実況配信用のツールとしても利用できるので、やはり価格帯以上の使い勝手のよさだ。

 価格以上のパフォーマンスを見せてくれるため、気になる部分はなかった。専用ドライバーをインストールしてもいいし、気になる場合はWindowsの標準ドライバーでもよしと分けられる。

 迷ったら、Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2を手に取ってみよう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン