このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー第73回

2180円のハイレゾ対応の極小USB DAC「SOUND BLASTER PLAY! 3」は外で使うのにいいかも!

2017年04月27日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「CREATIVE SOUND BLASTER PLAY! 3」のパッケージ
「CREATIVE SOUND BLASTER PLAY! 3」のパッケージ

 USBオーディオは多くの製品が登場している。高級なものもあれば、エントリー価格のものまで幅広く、物理サイズもさまざまだ。

 自宅にはドッシリしたオーディオ環境は容易だが、出先ではどうだろうか? 価格とサイズの面で良さそうなものを探してみたところ、「CREATIVE SOUND BLASTER PLAY! 3」がほどいい。

 2180円(税別)でUSBストレージよりも少し大きいサイズのUSBオーディオはいかほどのものだろうか?

ハイレゾに対応する第3世代小型USBオーディオ

USBストレージからケーブルがちょっと伸びたようなビジュアル USBストレージからケーブルがちょっと伸びたようなビジュアル

 SOUND BLASTER PLAY! 3は、3世代目の製品にあたり、低価格でコンパクトの方針は変わらずで、過去のモデルも人気を集めていた。

 サイズは、幅22×奥行き138×高さ9.4mmで、USBストレージから短いケーブルが伸びているようなビジュアルになり、重量は約13g。

 ノートPCとセットで、出先などで使用する前提となっているが、当然ながら自宅でヘッドフォン中心のライフであれば、ターゲットに入ってくる部類だ。

本体にはヘッドセット端子とマイク入力端子があるだけ 手に乗せたところ。ともあれ、小さい
本体にはヘッドセット端子とマイク入力端子があるだけ手に乗せたところ。ともあれ、小さい

 接続はUSB 2.0で、バスパワーで動作する。本体には電源スイッチなどはなく、3.5mm(4極)端子とマイク入力があるのみで、ドライバーのインストールも不要。後述する専用アプリケーションもあるが、これは別に使用しなくてもいい人もいるだろう。

 スペックシートを見ると、32~300Ωまでのヘッドフォンに対応し、出力は最大96kHz/24bit、入力は最大96kHz/24bitモノラルと端的にあるのみ。ハイレゾ環境にしたいと考える場合には、これくらいさっぱりしていたほうがいいといった判断だろうか。

 また、ヘッドフォン端子はヘッドセットタイプにも対応しており、たとえばゲーム中のボイスチャット用に欲しい場合にも、ローコストで導入可能。このあたりはCREATIVEらしい部分である。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン