このページの本文へ

今年も話題のスマホがたくさん発表! MWC 2015レポ第3回

ファーウェイ、古風なデザインのスマートウォッチ「Huawei Watch」発表

2015年03月01日 22時50分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイは、MWC開催前日の1日に同社初となるAndroid Wear搭載のスマートウォッチ「Huawei Watch」を発表した。

 “Timeless Design”をうたう、古風にも見えるスタイルが最大の特徴。フレームにはステンレスを用いるなど、高級感を演出している。

 ディスプレー部は円形の1.4型有機EL(400×400ドット)を採用。心拍計や6方向モーションセンサーなども内蔵している。主なスペックはQualcomm製1.2GHzプロセッサ、512MBメモリー、4GBストレージ、Bluetooth 4.1対応など。

 英文リリース内に記述された発売国はアメリカ、イギリス、フランスなど20ヵ国だが、なんと日本も含まれている。国内でもSIMフリー端末のリリースに熱心な同社だけに、正式な発表に期待したい。

LTE対応の薄型軽量7型タブレット
「HUAWEI MediaPad X2」

 7型タブレット「HUAWEI MediaPad X2」も公表されている。こちらは7型IPS液晶(1200×1920ドット)を搭載。本体サイズは103.9×183.5×7.18mm、239gという薄型&軽量モデルで、左右の超狭額縁による表面積の80%が液晶というのも売り。

 OSはAndroid 5.0で、CPUにはオクタコアのHiSilicon「Kirin 930」(2GHz×4+1.5GHz×4)。スタンダードモデルは2GBメモリー/16GBストレージの組み合わせで、カラーはMoonlight Silver。プレミアムモデルは、3GBメモリー/32GBストレージでデュアルSIMやLTEにも対応する。カラーはAmber Gold。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事